2016年4月22日金曜日

警官、部下に自分の「全裸写真」撮らせ懲戒処分…「写真撮影の練習」

警官、部下に自分の「全裸写真」撮らせ懲戒処分…「写真撮影の練習」
産経新聞 4月22日(金)12時37分配信

 奈良県警五條署の50歳代の男性巡査部長が、部下の20歳代の男性警察官に自分の全裸写真を撮影させるセクハラ行為をしたとして、県警が戒告の懲戒処分にしていたことが22日、分かった。処分は3月31日付。



県警によると、巡査部長は平成26年3月から男性警察官と2人で当直勤務になり、同年夏頃~27年2月の当直勤務の際に数十回、交番の休憩室で「写真撮影の練習」などとして、デジタルカメラを渡し、自分の全裸写真などを撮影させた。
 今年2月から再び同じ職場での勤務が決まった男性警察官が1月末、上司に相談して発覚。
県警によると、巡査部長は18年にも部下の男性警察官に下半身を見せるなどのセクハラ行為をしたとして、本部長訓戒の処分となっていた。
 県警監察課は処分を公表しなかった理由について、「男性警察官のプライバシー保護のため」とし、「規律保持の徹底に努める」としている。

これはセクハラとパワハラ両方ですね。
しかし本当に撮影の練習だったかもしれないが、何故に全裸なのだろう?
まさか死体を撮影する為って言ってもあれは鑑識の仕事だもんね。
交番ではないよねぇ。
しかし、写真だけで身体的な物は無かったのだろうか。
まだ何か隠れているかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報