2016年4月27日水曜日

パワハラやセクハラ…相談窓口を一元化 山形

山形労働局
パワハラやセクハラ…相談窓口を一元化 あすから /山形

毎日新聞2016年3月31日 地方版
労働問題(一般)
山形県
 山形労働局は、パワハラやセクハラなどに関する相談を一元的に受け付け、対策を講じる「雇用環境・均等室」を4月に新設する。担当の指導官を1人配置する。
 これまで、パワハラや解雇に関する相談は総務部、セクハラや妊娠や出産を理由にした不利益な扱いをするマタニティーハラスメントの相談は雇用均等室、企業への啓発指導は労働基準部がそれぞれ担ってきた。新部署により労働に関する相談を集約でき、労働者らの利便性の向上が期待できるとしている。


 また、女性の活躍促進や働き方の改革など、企業への働き掛けを効果的に推進したい考えで、個別の労働紛争を未然に防ぎ、解決するための企業の指導なども行う。同労働局は「これまでも担当部署間で連携を図ってきたが、新部署設置で一体的な相談対応や企業への働き掛けができ、県民へのサービス向上につながる」と話している。【山中宏之】

後手後手だよね、この手の動きは。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報