2016年4月29日金曜日

全国里親会パワハラ訴訟 さいたま地裁が請求棄却

全国里親会パワハラ訴訟 さいたま地裁が請求棄却

毎日新聞2016年4月28日 22時08分(最終更新 4月28日 22時08分)
 公益財団法人「全国里親会」(東京都港区)で、里親制度に関する調査研究事業の研究員を務めていた埼玉県の女性が、業務中にパワーハラスメントを受けたとして同会側に約300万円の賠償を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁(針塚遵裁判官)は28日、請求を棄却した。
この事業は国の補助金で実施されている。女性は2012年4月〜14年3月、同会から委嘱を受け、里親制度普及促進の調査研究や里親のためのハンドブック作製などに携わったが、業務中に同会幹部らから中傷されて精神疾患を発症したなどとして、14年8月に提訴していた。【武本光政】

こういう訴訟の認定には証拠が必要なのだろうなぁ。
ただ中傷されたと言うだけでは、それが原因で精神疾患になったと言うことが分からない物なぁ。

やっぱり証拠を撮る必要がありますね。

オフィスハラスメント対策専門店 超小型カメラ屋
http://shop.moshimo.com.2-t.jp/qB8g
こういうのが必要になってくるんだろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報