2016年4月30日土曜日

帝京大柔道部でパワハラ 指導者を現役部員が提訴


2016年4月21日9時51分 ニッカンスポーツ

帝京大の男子柔道部で学生3人が30代の男性指導者によるパワーハラスメントで精神的苦痛を受けたとして、この指導者に総額440万円の賠償金を求める訴訟を21日に起こすことが20日、分かった。 
大学の現役部員が指導者を訴える異例の事態となる。 
 
訴状では外国籍を持つ部員への差別的発言や、特定の部員への暴言があったと主張。 
昨年11月に当時1~3年生の全部員が大学側に更迭を求める嘆願書を出したが、謹慎を経て今年2月に復帰したという。

帝京大の男子は東京都学生連盟2部。女子は谷亮子さんや松本薫選手ら五輪金メダリストを輩出。 
提訴した学生の1人は「練習を理由に授業も出させてくれない時もあった。あの先生のもとではやっていけない」と述べた。 
男性指導者は「生徒のためを思って今まで指導してきた。今後も続けたい」と話した。 
暴力行為はなかったとしている。全日本柔道連盟の近石康宏専務理事は「現時点では推移を見守る」とコメントした。

授業に出れないとは本末転倒な事をしていたんだな。
こうなると、何の為の大学だよって感じになっちゃうね。
この指導者には、柔道専門の学校作って講師にしないとダメだね。
授業に支障が出ちゃ駄目だわ。
提訴以前に、大学が現状を把握して、その指導者に対して勧告しないと。
みんな授業料払ってるんだろうからさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報