2016年5月10日火曜日

市バス運転手自殺訴訟、公務災害認定へ 

2016年5月9日 20時27分 中日新聞 

2007年に自殺した名古屋市交通局のバス運転手山田明さん=当時(37)=の遺族が、自殺は過重労働やパワハラが原因として、地方公務員災害補償基金(東京)に公務災害を認めるよう求めた訴訟で、同基金が上告を断念した。



これにより遺族側の逆転勝訴を命じた4月の名古屋高裁判決が確定し、同基金は公務災害の認定作業に入る。

良かったんだろうけど、なんで訴訟になっちゃうかなぁ。
客観的事実があれば訴訟しないでもいいだろうに。
時間とお金の無駄だよね。
何でもかんでも認めろとは言っていない。
客観的事実があれば、裁判しても負けるんだから、そんな無駄な労力使わなきゃいいのにね。
みとめて、死者の霊を慰めるのもいいのじゃないかね?

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報