2016年5月13日金曜日

女性記者に「不適切行為」認める=セクハラは否定-仏財務相

2016/05/11-23:03 パリAFP
4月発売の告発本でセクハラ疑惑が浮上したサパン仏財務相は10日夜、女性記者に対する「不適切な言動」を認め、謝罪したことを明らかにした。告発本によると、サパン氏は昨年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、ペンを拾おうとかがんだ女性記者の腰から見えたショーツのゴムを引っ張り、「何を見せているんだ」と発言した疑惑がある。
 
 
サパン氏は疑惑をこれまでに2回否定。10日にAFPに送った声明では「女性記者の背中に手を置きながら、彼女の服について発言した」と説明した。一方、「性差別や嫌がらせの意図はなかったが、その人物を不快にさせ、不適切な言動だった。申し訳ない」と謝罪した。この出来事のすぐ後に「彼女に真摯(しんし)に謝った」と主張している。
背中に手を置いた時点で、相手が不快に思ったらアウトだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報