2016年5月20日金曜日

セクハラで滋賀県警巡査長減給…泥酔して同僚女性に

同僚の20代女性にセクハラ行為をしたとして、滋賀県警の警察署に勤務する20代の男性巡査長が、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが20日、県警への取材で分かった。処分は4月14日付。

 
県警監察官室によると、巡査長は2月20日ごろ、勤務する警察署の懇親会で飲酒後、同僚3人と一緒に県内のカラオケ店に行き、泥酔した上、20代女性の同僚と2人きりになった際に肩を抱くなどのセクハラをした。

 女性が上司に相談して発覚した。巡査長は「心に深い傷を負わせてしまい、心よりおわびする」と話しているという。

 監察官室の上内保室長は「このような事案が発生し、誠に遺憾。職務倫理を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。
酔ってカラオケでってシュチエーションっていうのは、セクハラにハマりやすいかもしれないですね。
その時点でもっと気を使うべきだったね。
酒飲んでいて気がでかくなったのかもしれないけれどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報