2016年6月30日木曜日

選挙活動 セクハラ相談、市民団体「女性と人権全国ネットワーク」が窓口

2016年6月30日 10時26分 毎日新聞

市民団体「女性と人権全国ネットワーク」は、7月の参院選と東京都知事選に合わせ、アナウンス係など選挙事務所で働く女性からのセクハラやパワハラ相談の受け付けを始めた。電子メールで受け付け、必要な場合は面談したり、適切な相談機関を紹介したりする。

 
 
同ネットが昨春の統一地方選を機に、選挙活動に関係するセクハラ、パワハラの被害相談を受け付けたところ「選挙カーの中で体を触られた」「支持者にお酌させられた」など全国から30件以上が寄せられた。加害者は候補者や支援者、他の運動員だった。

 同ネット事務局の草野由貴さんによると、報復を恐れて被害を訴えられないケースや、「選挙が終わるまで我慢しろ」と言われて従ってしまうケースが多い。草野さんは「長く選挙に関わって『セクハラは付きもの』と思っている女性も多いが、今からでも声を上げてほしい」と話している。

 相談は専用メール rec@projectjapanwomen.net で、8月10日まで受け付ける。

選挙でセクハラと言えばノックさんを思い出しますね。
あれは強烈だった。
しかし、こうやって記事を見ると、多いんですね、選挙中のセクハラ。

2016年6月29日水曜日

DVやセクハラなどに悩む女性の電話相談 東京

6月25日 16時43分 NHKニュース

DV=ドメスティックバイオレンスや職場でのセクハラなど、女性が抱える悩みについて弁護士や専門の相談員が無料で応じる電話相談が東京で行われました。
この取り組みは、今月23日からの男女共同参画週間に合わせて全国各地の弁護士会が実施し、東京では3つの弁護士会が共同で行いました。 
 
25日は「離婚をしたいが、夫が貯金がないと言って財産を分与してもらえない」「親からの暴力を受けているが、親との関係を断つことはできるのか」といった相談が寄せられ、弁護士などが「調停で夫の財産を確認する手続きがある」などと具体的なアドバイスをしていました。
また、今回はLGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちからの相談も積極的に応じていて、「パートナーから暴力を受けている」といった相談が寄せられていました。
担当の土田清子弁護士は「個々によって事情が異なるので、インターネットで情報を調べるだけではなく、専門家に相談してほしい」と話しています。

2016年6月28日火曜日

「サイゼリヤ」セクハラ自殺訴訟で第1回口頭弁論 

2016/06/28 00:20 テレ朝ニュース
レストランチェーンの「サイゼリヤ」に勤めていた娘が自殺したのは上司のセクハラなどが原因だと両親が訴えている問題で、取締役全員に賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が開かれました。

 
 
おととし12月、サイゼリヤに勤めていた20代の女性が自宅で自殺しました。
両親は、当時の男性副店長による長期間のセクハラやパワハラが原因だとして、副店長や会社などに賠償を求めています。
両親は新たに、創業者の会長ら取締役6人に約1億円の賠償を求める別の訴えを起こし、27日に第1回口頭弁論が開かれました。
原告側は「取締役にもかかわらず、セクハラを防止する体制の構築を漫然と怠ってきた」などと主張したのに対し、被告側は請求を退けるよう求めて争う姿勢を示しました。
女性の父親は「責任の所在や再発防止策について、いまだに会社から説明がない。第2、第3の被害者を生まないため、やむなく全取締役を訴えた」との手記を発表しました。
あくまで先入観だけど、こういう飲食系のバイトはこういうのが多いイメージがありますね。
特に理由は無いんだけれどね。
しかしこれが事実なら、サイゼリアヤバイね。
安い割には美味しいから好きなんだけどね。
ワインを見つけてくるセンスも好きなんだよね。
もったいないねぇ、こういうイメージが付いちゃうのは。

中学教諭を懲戒免職…女子生徒にセクハラ、島根県教委

2016.6.27 21:06 産経新聞

島根県教育委員会は27日、勤務する中学校の女子生徒にセクハラ行為を繰り返したとして、県内の公立中の50代男性教諭を同日付で懲戒免職にしたと発表した。

 
 
県教委によると、昨年10月下旬から今年5月中旬にかけて、女子生徒に対し、複数回にわたりセクハラ行為をした。5月24日に保護者から学校に連絡があり発覚した。教諭は6月21日に逮捕された。

 県教委は被害者の人権保護のためとして、セクハラ行為の内容を明らかにしていない。

人権保護の為セクハラ内容を未公表って間違ってない?
別に女性との身元も明かして無いわけだし。
男性教諭の人権なのかね?
でも逮捕されているんだから、公表してもいいだろう。
何か間違ってない?
それとも公表できない他の訳があるんじゃないだろうか。
たとえば、あっち系の人とかね。

2016年6月26日日曜日

善光寺 トップの小松玄澄貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告

2016年6月26日 10時17分 毎日新聞

長野県の善光寺に2人いる住職の1人で、天台宗「大勧進」トップの小松玄澄(げんちょう)・貫主(かんす)(82)が職員にセクハラや差別的発言をしたとして、善光寺大勧進の信徒総代が25日、「生き仏と言われる僧侶にあるまじき行為。直ちに辞任を求める」とする勧告書を小松貫主に手渡した。

 
 
同日に総代会が開かれ、総代12人の総意で勧告書の提出が決まった。勧告書などによると、小松貫主はセクハラやパワハラを受けたとして抗議した大勧進の60代女性職員に対し、小松貫主が昨年8月に不当な担当替えを命令。同10月には、別の職員に対し、女性職員について差別的発言をしたとしている。

 小松貫主を巡っては、過去に女性問題に端を発し民事訴訟に発展した辞任騒動があり、信徒総代はこの際にも辞任を求める申し入れ書を出した。勧告書では、過去から続く一連の小松貫主の態度や今回の差別的発言などを「看過できない」と問題視し、辞任を要求。

 春日英広・筆頭総代によると、小松貫主は勧告書を受け取ったが、「差別的発言はしていない」と否定し、辞任をするか態度を示さなかったという。

 天台宗の住職らで構成する「一山(いっさん)」も差別的発言問題を受け、今月23日に小松貫主に本堂への出仕を禁止する通告書を渡している。また、部落解放同盟中央本部と同県連合会が今年、事実確認の会合を複数回開いた。次回会合は28日にあり、小松貫主もそこで何らかの説明をするとみられる。

貫主がセクハラや差別発言ねぇ。
何かふに落ちないんだけど、事実としたら、かなり問題だよね。
どれだけ階級が上がっても、世俗の垢は抜けきらないと言うことなのかね?

2016年6月25日土曜日

男性にセクハラで警視停職6カ月=酒飲みキス、体触る-鹿児島県警

2016/06/25-01:26 時事ドットコムニュース

酒を飲んで男性にセクハラやわいせつ行為をしたとして、鹿児島県警は24日、前指宿署長の男性警視(52)=警務部警務課付=を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。警視は「不適切な行為をして申し訳ない。弁解の余地ない」と話しており、同日付で依願退職した。
 
 
県警監察課によると、警視は昨年7月中旬、勤務時間外に飲酒した際、一緒にいた男性に無理やりキスし、体を触った。県警は被害男性の職業などについて、「被害者の特定につながる」として、明らかにしていない。
 県警の有馬晋作・首席監察官の話 誠に遺憾。一層の綱紀粛正を図り、再発防止に努める。
セクハラというよりもパワハラ?
スキンシップのつもりだったんだろうな。
この懲戒処分になった男性は、ひょっとしたら外国の血が少し入っているのかもね。
外国人はこれくらいのスキンシップ平気でして来るもんね。

2016年6月24日金曜日

空自幹部を停職、女性隊員に「ホテル行こう」

2016年6月23日 11時13分 毎日新聞

航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)は22日、女性隊員にセクハラをしたとして、同基地航空教育集団司令部教育部の30代の男性1等空尉を停職2日の懲戒処分にしたと発表した。

 
同基地によると、1尉は2013年3月9日、前任の基地で開かれた懇親会で、同じ部署だった女性隊員に「一緒にホテルに行ってくれるか」などと聞き、尻を触った。セクハラしたことを認めているという。

 14年1月、出張先で1尉と会った女性は気分が悪くなって相談員に面談し発覚した。発覚から処分まで2年以上かかったことについて、同基地は「慎重に事実確認を行ったため」と説明している。
独身であれば、恋愛感情の延長にもなるのかなぁ。
でも相手に好意がなければ、いきなりホテルへ行こうはありえないよね。
やっぱ物事はステップを踏まないとダメだよね。

2016年6月23日木曜日

KAI、セクハラは濡れ衣… 虚偽告訴罪対応

2016/06/23(Thu) 20:20 Innolife 
ミュージカル俳優兼ポップオペラ歌手のKAI(35・チョン・ギヨル)が、セクハラの容疑無しと処理された。

 
所属会社EA&Cは、23日「昨年11月の告訴の件が、ソウル中央地方検察庁の捜査の結果、容疑無しで終結した」と、発表した。 

KAIは、社会関係網サービス(SNS)の秘密アカウントで、女性ファンに性的羞恥心を誘発するメッセージや写真を送った容疑で告訴されていた。

所属会社は「告訴人が、虚偽でKAIのイメージを失墜させる法的紛争を起こしたのに続き、悪意的にKAIが出演する公演やイベントの主催側に事実無根の性的暴力容疑を提起した」として、告訴人に誣告(虚偽告訴罪)罪、名誉棄損、損害賠償請求などで法的に強硬に対応する。
セクハラ関連は、こう言うのが多くなってくるかもしれないね。
有名人や会社での役職が上になればなるほど、何らかの対策でこう言うのを回避しないとね。

2016年6月22日水曜日

セクハラ訴訟 請求棄却求める 地裁で大竹市側 /広島

2016年6月22日 毎日新聞

大竹市の元女性職員(2009年に自殺)が男性上司から繰り返しセクハラ行為を受けたとして、遺族が同市を相手に計330万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、広島地裁(山本由美子裁判官)であり、市側は「職員のセクハラ行為は予見できなかった」と請求棄却を求めた。
 
 
訴状によると、女性はセクハラ行為により呼吸が苦しくなるなど体調不良を起こして仕事を休みがちになり、市は良好な職場環境を保つ義務を怠った、などとしている。

セクハラで自殺しちゃうなんて、どんだけ酷いセクハラをしていたんだか。
これって、そのセクハラをしていた当事者を傷害などで訴えた方がいいのじゃないかな?
市側に求めても、相談をしていたら別だけど相談をしていなくて、周りに露見していなかった場合、認めるのは難しいだろうなぁ。

2016年6月21日火曜日

女将にセクハラ「出入り禁止常連客」居酒屋の植え込み、のぼり壊して御用!

2016/6/21 11:45 J-CASTニュース

大津市の居酒屋の前で植え込みや幟を壊したとして、市内の男(59)が器物損壊の疑いで先月(2016年5月)に逮捕された。
何回も嫌がらせをするため、店が防犯カメラを設置したところ、その日のうちに犯行が写っていた。
15年来の常連客だったが、2年前に女将にセクハラをしたため「出入り禁止」にされたのを逆恨みしたらしい。

嫌がらせは2か月前から相次いだ。店が終わった頃に軽トラックがやってきて、玄関の前でいたずらをして帰っていく。
店ではエスカレートを恐れ5月に防犯カメラを置いた。映像は何回かあり、予想した通りセクハラをした男だった。

 
5月23日夜、男が店の前にいるのを近所の人が見つけ警察に通報し、逮捕された。男は「知らない」ととぼけていたが、防犯カメラに一部始終記録されていた。略式起訴され、40万円の罰金を支払った。

あまりにも幼稚すぎる・・・・。


2016年6月20日月曜日

バスケ協会新体制に疑問 「セクハラ疑惑晴れてない」

2016年6月20日17時59分 日刊スポーツ 
76年モントリオール五輪の男子日本代表選手らを中心とする日本バスケットボール推進協議会(谷口正朋会長)は20日、都内で会見を開き、日本協会の新体制の人事案に対して疑問を呈した。

 
 
日本サッカー協会専務理事時代にセクハラ疑惑が報じられた田中道博氏が専務理事候補になっていることに、同協議会の吉田正彦副幹事長は「セクハラ疑惑は晴れておらず、おかしい」と反発した。日本協会には質問状を出し、面談も申し入れたが、返事はないという。

 日本協会の人事案は25日の評議委員会で審議される。同協議会は今後も評議員に主張を訴えていく。
白黒はっきりした後ならまだしも、グレーのままで、就任はやっぱおかしいよね。
その感覚がバスケットボール界の凋落を招いている事が判らないのかな?

2016年6月19日日曜日

セクハラ行為 県職員減給処分 /熊本

2016年6月18日 毎日新聞

県は17日、女性に抱きつくなどセクハラをしたとして、出先機関の50代の課長級職員を同日付で減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。従来なら非公表の可能性もあったが、昨年12月に見直した指針を適用して公表した。

 
県によると、職員は先月下旬の飲み会後、女性につきまとって、抱きつくなどした。女性が翌日に県に申し出て、発覚した。職員の所属などは「被害者が特定される可能性がある」と公表しなかった。

 県は、わいせつなど被害者のプライバシーに配慮する必要がある場合は公表しないこともあったが、昨年12月に方針を転換。今回も「従来だったら非公表も検討する内容」とした。

公務員の場合、こう言うのはどんどん公表していくべきだね。
じゃないと、公務員のセクハラは無くならないでしょ。

2016年6月18日土曜日

ビュン牧師のセクハラ訴訟、最高裁が上告棄却 支援団体代表「結果を真摯に受け止めて」

クリスチャントゥデイ 2016年6月16日18時13分

宗教法人「小牧者訓練会」(国際福音キリスト教会)の牧師、卞在昌(ビュン・ジェーチャン)氏と同教団に対して、セクハラやパワハラを受けたとして元信者の女性4人と男性1人が訴え、また逆に卞氏・教団側が元信者側を名誉毀損で訴えていた一連の民事訴訟で、最高裁は14日、いずれの上告も棄却した。 
 
これにより、卞氏のセクハラ行為を認め、卞氏・教団側に計1540万円の損害賠償を支払うよう命じた1審判決が確定した。
一連の民事訴訟では、元信者側が、卞氏による元信者の女性4人に対するセクハラと(セクハラ訴訟)、元信者の男性1人に対するパワハラを訴え(パワハラ訴訟)、卞氏・教団側が元信者やその支援者ら計9人に対して、名誉を毀損されたとして損害賠償・謝罪広告掲載を要求する(名誉毀損訴訟)という、計3件が争われた。

最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、この三つの訴訟全てで上告を棄却。
2審の東京高裁も全ての訴訟で控訴を棄却していたため、1審の東京地裁の判決が確定した。
1審では、セクハラ訴訟で卞氏のセクハラ行為を認定、損害賠償として1540万円を支払うよう命じる一方、パワハラ訴訟、名誉毀損訴訟については、双方の訴えを退けていた。

最高裁の決定を受け、元信者側を支援してきた「モルデカイの会」の加藤光一代表は本紙の取材に応じ、「妥当な決定。1審で卞牧師のセクハラ行為が認められたので、これが大きかったと思う。この1審の判決が確定したわけですから、教団側も結果を真摯(しんし)に受け止めてほしい」とコメント。
また、「8年間苦労してきた原告の女性たちにとっては、非常に妥当な、受け入れられる判決だと思っています。この8年間の闘いが実を結んだと言えるのでは」と語った。

一方、卞氏・教団側の代理人を務める八重洲法律事務所の三木祥史弁護士は本紙の取材に、「このたびの上告棄却決定に対しては、代理人として非常に残念に思っています」とコメント。
セクハラの被害を訴えた女性らの証言については、「いずれも裏付けの証拠もなく、その証言内容も曖昧で矛盾も多い」と言い、「今回の一連の件は、卞氏としては全く事実無根のことであって、民事の判決が確定したとしても、真実が何かは変わりあるものではありません」と語った。

なお、卞氏は、元信者の女性4人のうち1人に対して乱暴した容疑で、2010年に準強姦(ごうかん)罪で起訴されているが、この刑事訴訟では、卞氏のアリバイ成立の可能性があるとして、無罪が確定している。

こういう宗教団体があったこと自体初めて知った。
キリスト教系は小さな宗教団体が多いですね。
それだけ救いを求めている人が多いと言うことなんでしょうかね?

2016年6月17日金曜日

事務局長をセクハラ行為で処分…大阪府立病院

2016年06月17日 読売新聞
大阪府立急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)の50歳代の男性事務局長が、職場の歓送迎会で部下の女性職員の体を触るセクハラ行為を行ったとして、センターを運営する地方独立行政法人・府立病院機構が減給60分の1(1か月)の懲戒処分にしたことがわかった。16日付。

 
機構によると、事務局長は4月中旬、大阪市内の居酒屋で開かれた歓送迎会で、隣に座っていた女性職員の太ももや背中をさするなどしたという。機構に匿名の情報提供があり、発覚した。事務局長は府から出向していた。
事務局長はビールや日本酒を大量に飲んでおり、機構の調査に「何も覚えていない」と説明。その後、女性職員に謝罪したという。

酒は飲んでも呑まれるな。
これ基本ですね。
さらに「何も覚えていない」って・・・。
やってなくても嵌められる可能性も十分あるわけで、記憶が無くなるほど飲んではいけません。

もう一度

酒は飲んでも呑まれるな。

2016年6月13日月曜日

県警機動隊で暴力や暴言、2人を処分 /徳島

2016年6月11日 毎日新聞

県警機動隊の40代男性警部と30代男性警部補が3月から4月にかけて部下を殴っていたことなどが10日、分かった。県警は5月、警部を本部長注意、警部補を所属長注意の処分とし、2人を警察署勤務に異動させた。

 
 
県警監察課によると、警部は、部下の1人に暴言をはいたり、無視する態度を取ったり正座を強要させたりした。別の部下には隊の活動の準備ができていなかったことで顔を平手打ちするなどした。

 警部補は徳島市の機動隊舎で活動中に隊列が乱れていたことを理由に、隊員を蹴ったり殴ったりした。

 それぞれの隊員から、被害の報告があり発覚した。処分は警部が5月23日付、警部補が同19日付。警部は警部補に降格した。いずれも被害届や診断書も出されておらず、事件化はしない。

 監察課は「職場環境を悪化させる行為だ。再発を防ぐために業務管理、人事管理をしっかりとしていくように努めていきたい」とのコメントを出した。

一昔前の、修正する!!って感じなんでしょうかね。
今の時代は暴力はおろか、無視も暴言もダメだから、よほど気を使わないといけないいだけど、こういう危険と隣り合わせの職業はどうしても、暴言系が多くなったり、平手打ちなどが多くなったりするかもね。
仕事が、命がけだもんね。
一歩誤れば、その人の命はおろか隊全体が危機に陥る可能性もあるもんね。
そういう意味で、反省の為に正座とかは、日常茶飯事かもしれないけれど、これがどこまでパワハラになるのかが問題。
本当に相手を心配してやっている事かもしれないしね。
でもそれだと無視はないか。

2016年6月12日日曜日

40代男性主任を処分 勝山市 /福井

2016年6月11日 毎日新聞
勝山市は10日、部下の職員1人にパワーハラスメントを繰り返したとして、農林部所属の40代の男性主任を戒告処分とした。

 
 
市総務課によると、主任は今年4月下旬から連日、部下を強く叱責したり無視したりした。部下は5月下旬に精神疾患と診断されて以降、現在も病気休暇を取っている。主任は「早く成長してほしいとの思いから言葉が強くなった」と釈明したという。三屋晃二・市総務課主幹は「再度全職員にパワハラ研修を実施し、二度と同じ過ちが起きないようにしたい」としている。

無視はダメだけれど、強い叱責っていうのはな。
どうなんだろうね。
本当に、成長して欲しい人には、強く怒っちゃうんだよね。
逆にどうでもいい人には何も言わないけどね。
難しい時代になったね。

2016年6月11日土曜日

テレンス・リー セクハラで事務所解雇

2016年06月10日 06時00分 東スポ

テレンス・リー氏(51)が突然、所属事務所を辞めていたことがわかった。元傭兵、格闘家、危機管理コーディネーター、軍事評論家…と、ショーンK(48)も顔負けの“ホンマでっか!?”なキャリアを自称しているリー氏だが、経歴詐称ではない。同じ事務所に所属する女性タレントへのセクハラによる事実上の解雇だったとの情報をキャッチした。

 
「テレンス・リーは5月いっぱいで解雇されたそうです。事務所同僚の女性タレントにセクハラしてクビですって」と声を潜めるのは、さる芸能関係者だ。
 そのセクハラ騒ぎは昨年末、所属事務所の忘年会で起きた。標的にされたのは、系列事務所に所属する30代のグラビアタレントO。本人に代わって知人がこう告発する。

「テレンス・リーから『奥の部屋に来い!』と言われ、部屋に入ると、無理やりキスをされたそうです。それも口に。『俺はずっと前からお前のことが好きだった』と強引に迫ってきたそうで『俺、千葉テレビで今度番組持つから、俺と付き合ったらお前をアシスタントで使ってやるよ』と持ち掛けてきたんですって。いくら酔った勢いとはいえ、Oの怒りはいまだ冷めやらず、民事訴訟も辞さない構えですよ」

 リー氏が同事務所と専属契約を結んだのは昨年4月。その前月にも似たような騒動があった。女性シンガー・ソングライター・桑名愛素佳(26)が「リー氏に性的関係を強要された」と写真誌で告発したのだ。

 同事務所関係者に話を聞いた。

「ウチに入るとき『あれ(桑名の告発)は事実無根。ハメられた』と彼は弁明しました。それを信用して専属契約を結んだんですが、今回また同じことをしたので解雇しました。これまでも彼はウチに所属する子たちに『ご飯行こうよ』などと誘っていたようです」

“危機管理のプロ”も女性問題には脇が甘かったのか。

8日、本紙直撃に答えたリー氏は「先月いっぱいで事務所と私、双方の意向により、契約を解除したのは事実」としたうえで「あくまで解雇ではない。社長は先月末に話をした際『よく分からないが、オーナーからリーを切れと指示された』と言っていた」と反論した。

 忘年会ではOと「確かに顔を合わせた」としたが「周りに人気芸人のSなど大勢の人がいた。初めて行った店で、別室などあるか知らないし、そこに呼び出した事実などない。私は昨年の7月にひざを傷めて、年末はつえをついてやっとのことで歩いていた。2人きりになったこともなければ、抱きつけるわけもない」

 セクハラを否定したリー氏は「(自分が)事務所の最年長で、若い女の子からよく相談を受けていた」ため、誤解されたのではと指摘。

「こちらは良心的に相談に乗っただけ。根も葉もない話を書かれた前回のこと(桑名の件)もあったし、リーがセクハラといえば叩きやすいのだろう。こちらは失うものはない。嫌がらせならいつでも受けて立つ」

 ただ、1年余りこの事務所に所属し、リー氏にとっては“収穫”があったとの情報もある。

「最近、同じ事務所所属の25歳のHカップグラドル水月桃子としょっちゅう一緒にいて、食事会なんかもしていたので、どうやら付き合ってるみたいですね。水月はすっかり洗脳されちゃってるようです」(冒頭の芸能関係者)

 リー氏はこの水月との関係についても「2度会って相談に乗ったことは事実。ただ2人きりで会ったことはないし、交際などあり得ない」と否定した。

 50代の独身だけに“第3のゲス不倫”ではないが、またも女性関係での騒動となっている。

記事にしたけれど、事実関係がはっきりしないですね。
本当に訴訟になったら、詳細が追っかけられるけれど、エンタメとしては小ネタ。
でも、セクハラとしては大事件です。
年長者ということで、パワハラも加わるのではないかと。
事実であれば、暴行になるでしょうね。

リー氏の言うとおり事実無根であれば、先に仕掛ける方がリー氏にとってはいいのではないかと思いますが、危機管理の専門家なので、その辺は十分詳しいから、見守るしかないですね。

安倍政治の悪影響内閣府まで! 同僚の女性職員にセクハラ行為…内閣府、課長補佐を処分

2016.6.10 21:00 サンスポ
内閣府は10日、同僚の女性職員2人にセクハラ行為をしたとして、男性の課長補佐を減給10分の1(3カ月間)の懲戒処分にしたと発表した。部署や年齢などは明らかにしていない。

 
内閣府によると、課長補佐は昨年2月以降、飲食店などで2人の女性職員に対して、それぞれ複数回にわたって体を触ったり、外見についてセクハラ発言をしたりした。被害者から昨年11月に申し立てがあり、調査していた。

これも安倍政治の悪影響か。
と、ぱよぱよち~~~ん系は言いそう。
全く関係のない事まで言いがかりをつけそう。
このブログのタイトルの様にね。
しかし、申し立てから処分まで結構時間がかかるもんなんだね。
それくらい慎重にならないと、冤罪の可能性もあると言うことか。
やっぱりその場で証拠を押さえたいよね。

飲み会だとこう言うのが役立つかもね。


【小型カメラ】モバイル充電器型ビデオカメラ(匠ブランド)『Hi-Voltage』(ハイボルテージ)

2016年6月9日木曜日

「パワハラ再発防止を」 滋賀・大津市がコンプライアンス推進本部推進員会議を開催

2016.6.3 14:04 産経新聞
精神安定剤を大量服用後に急性心不全で死亡した滋賀県大津市の40代の男性職員が、上司から約1年間にわたってパワーハラスメントを受けていた問題で、同市は2日、再発防止を話し合う市コンプライアンス推進本部推進員会議を開催した。他の上司や同僚がパワハラに気付きながら対応を取っていなかったことが判明。パワハラと疑われる事案を把握した場合、報告を義務付けることなどを決めた。

 
同市では昨年3月、企業局の40代の男性職員が精神安定剤を大量に服用後、急性心不全で死亡。その後の市の調査で、上司にあたる50代の課長補佐級の男性職員が、周囲に聞こえるような大声で非難を繰り返すなどのパワハラを平成26年4月~27年3月の1年間に渡って続けていたことが分かり、市は課長補佐級職員を減給の懲戒処分した。

この日の会議では、男性職員の同僚が課長補佐級職員のパワハラを「きつい」「不快」などと感じていたものの、職員支援室など市の相談窓口に通報していなかったことや、管理監督者にあたる次長級や課長級の職員が、課長補佐級職員のパワハラを注意指導の範囲内と考え、同支援室などに報告していなかったことが問題視された。

今後は、管理監督者がパワハラと疑われる事案を相談などで把握した場合は、24時間以内に職員支援室などへ報告を義務付けることを確認。周囲でパワハラを発見した場合、積極的に通報することや、どのようなケースがパワハラにあたるかなどを学ぶ研修会を年に複数回開くことなども確認した。

越直美市長は「ハラスメントは単に加害者対被害者の問題ではなく、職場全体の問題。管理監督者は防止する義務があるということをもう一度認識させたい」と話した。

この事件は再発を絶対にさせたらダメだから、もっと強権を持ってやらないとね。
外部の人を入れた方がいいと思うんだよね。
こう言うのってね。

2016年6月8日水曜日

プレミア チェルシーFC、セクハラ訴えた美人女医に謝罪 モウリーニョ元監督とも和解

2016.6.8 12:36 サンスポ
チェルシーが7日、元クラブドクターのエバ・カルネイロ医師と和解した。クラブが公式ウェブサイトで発表している。詳細は公表されていない。

  
カルネイロ医師は昨年8月のプレミアリーグ開幕戦で、試合終盤に負傷したMFエデン・アザールの治療のためにピッチに入ったことで、ジョゼ・モウリーニョ監督(当時)の怒りを買った。退場者を出していたチェルシーが、一時的に9人での戦いを強いられることになったからだ。

 モウリーニョ監督はカルネイロ医師を批判し、その後メンバーから外した。9月にチェルシーを退団したカルネイロ医師は、チェルシーによる退職強要や性的差別、クラブおよびモウリーニョ監督によるセクシャルハラスメントなどがあったとして両者に対して法的措置を取った。

 裁判でチェルシーが提示した120万ポンド(約1億8700万円)の和解金に応じなかったことが判明したカルネイロ医師だが、7日にクラブとの和解が決まった。和解金などの詳細は不明だ。

 チェルシーは声明で「カルネイロ医師の退団につながった状況を悔やみ、苦痛を味わった彼女とご家族に素直に謝罪する」と発表。カルネイロ医師がアザールの治療に向かったことは、「ルールにのっとり、選手たちの安全を優先するという医師としての選手たちに対する責任に従った行為」だったと認めた。

 また、チェルシーはカルネイロ医師が「非常に有能でプロフェッショナルなスポーツドクター」だと評し、「今後のキャリアにおける成功を願う」とした。さらに、モウリーニョ監督もカルネイロ医師に感謝し、今後の成功へエールを送ったと発表している。

パワハラはあったかもしれないけど、セクハラもあったんだねぇ。
口汚い系の言葉でなじったんだろうか?
それにしても、和解して良かったけれど、和解金は2億円以上なんだろうな。
こう言うのを見ると、日本のセクハラ訴訟の金額は少ないように感じるね。

2016年6月7日火曜日

「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴

2016.6.7 08:50 産経新聞

共同通信社の元記者の30代の女性=退職=が、男性上司(当時)からのパワハラやセクハラで休職を余儀なくされたとして、同社と上司を相手取り、約484万円の損害賠償を求める訴えを神戸地裁に起こしたことが6日、分かった。提訴は3日付。
 
訴状によると、女性は平成21年に入社し、22年に神戸支局に着任。24年秋から毎月約100時間超の時間外労働などで鬱状態になった。女性は25年2月から軽勤務となったが、当時の支局長だった男性から「さぼっているだけではないか」「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」などと人格を否定された上、交際相手との性的関係を追及された。女性は鬱状態が悪化、休職した。

 女性は27年1月に東京本社に復職したが、直後に男性も本社に異動。本社内で鉢合わせたことで女性は鬱状態が再発し、再び休職を余儀なくされたという。

 女性は取材に「『2人を接触させるべきではない』と産業医が意見していたのに会社は配慮しなかった。『男性は発言を否定している』と会社から聞いているが、納得いかない」と話した。同社総務局は「訴状が届いたら内容を精査し、対応を検討する」とした。

仮にこれが女性の妄想だったら・・・・・って事はないんだろうけど、やっぱり証拠が欲しいよね。
そうすれば、すぐ相手をねじ伏せられる。
でも、実際にパワハラやセクハラの被害を受けている時は、そこまで考えられないだろうね。
やはり普段から、証拠を集める癖をつけておかないとダメですね。

こういう場合に、女性にお奨めなアイテム。

【防犯用】【超小型カメラ】【小型ビデオカメラ】 ペン型カメラ スパイカメラ スパイダーズX (P-120) 1080P 簡単撮影 軽量 - セクハラ・パワハラ・オフィスハラスメント対策専門店 超小型カメラ屋 http://shop.moshimo.com.2-t.jp/rt6E



押すだけの簡単操作。
見た目もカメラと判りにくい。
手に持っていても不思議ではない。
こういうアイテムが一つは欲しいですね。

2016年6月6日月曜日

薬科大パワハラ訴訟、岐阜市の敗訴が確定 最高裁が上告棄却

2016年5月16日 23時28分 中日新聞

岐阜市立岐阜薬科大の前学長(71)からパワハラを受けたとして、男性准教授(60)が岐阜市を相手に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は市の上告を棄却した。12日付。パワハラを認め、市に100万円の支払いを命じた名古屋高裁判決が確定した。

 
 
確定判決によると、前学長は2011年に同大の不正経理問題を報じた新聞報道をめぐり、准教授が「前学長が報道機関に情報提供した」とのうわさを吹聴していると決めつけ、疑いを認めるよう、どう喝した。

 一審・岐阜地裁判決は准教授の訴えを退け、昨年12月の二審で逆転勝訴していた。岐阜市の細江茂光市長は「最高裁の判断を真摯(しんし)に受け止め、誠意を持って対応する」とのコメントを出した。

噂を信じるのはホントバカだよねぇ。
しかも損害賠償まで。
まず裏を取ってからにしないとね。
まー裏を取ってもこんなことしちゃ駄目なんだけどね。

2016年6月5日日曜日

タイ国際航空部長のパワハラ認定 神戸地裁伊丹支部

2016/5/19 21:13 神戸新聞

10年以上にわたってパワーハラスメントを受けたとし、タイ国際航空の40代男性社員が、上司の男性部長に慰謝料など550万円を求めた損害賠償請求訴訟の判決で、神戸地裁伊丹支部の池下朗裁判官は19日、パワハラを認定し、部長に440万円の支払いを命じた。

 
 
池下裁判官は、部長による無視や根拠のない人事評価などを、同社就業規則のパワハラ規定違反と認定。「パワハラは執拗(しつよう)。不当な人事査定も含まれ、昇給や昇格と結びついていることから経済的不利益も重大」とした。

 判決によると、男性社員は部長と同じ部署に異動した2002年4月以降、部長から無視されるようになった。部内の他の社員と会話すると不快な顔をされるなどの嫌がらせを受けたほか、5段階の人事評価で、継続雇用の条件である平均3を下回る低い査定を受けた。
これも何かはっきりしないなぁ。
特に人事評価では、本当に能力がないのか、能力があるのに低い評価だったのか判らない物なぁ。
客観的証拠が乏しいんだよね。
無視や不快な顔って、存在を認めないほどの無視なのか、挨拶をしない程度なのか。
不快な顔も他の周りの人もそれを認めるほどだったのか。
まあ、裁判で認定されたからそれらが該当するんだろうけど、記事だけではなんとも中途半端な感じだね。



2016年6月4日土曜日

パワハラで停職1月…岐阜市教委の男性係長

2016.5.31 18:00 産経新聞
岐阜市は31日、部下を大声で怒鳴るなどパワーハラスメントを繰り返したとして、市教育委員会の男性係長(53)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 
 
市によると、男性は係長になった平成26年から、30~40代の部下5人に「おまえはばかか」と怒鳴ったり、早朝や休日には頻繁に電話やメールで仕事の問い合わせをしたりしたという。

 部下たちが今年4月に人事課に相談して発覚。「仕事のストレスを抱えていた。多くの方に迷惑をかけ申し訳ない」と話している。

 市教委の原昭雄教育政策課長は「市民の信用を失する行為で、おわびする」と話した。
これくらいでパワハラ?
私なんて、デスクで何時間も立たされて、叱責された経験があるけど、
パワハラだったのか。
パワハラの時効っていつまでなのだろう?

2016年6月3日金曜日

准教授がセクハラで停職=出張で女子学生と同室-弘前大

2016/06/02-19:51 時事ドットコムニュース
弘前大学(青森県弘前市)は2日、海外出張先で女子学生と同じ部屋に宿泊したのはセクハラに当たるとして、人文社会科学部の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。 
 
処分は1日付。 
准教授は「2人で同室に泊まった方が安くなるから」などと話しているという。 

これはあからさますぎるよねぇ。
しかし何もされなかったのなら、ラッキーだったよね。
海外で言うこと聞かないからって、放り出される可能性もあったわけだし。
何もなく無事に日本に帰ってこれてよかったよ。

2016年6月2日木曜日

イージス艦乗組員 自らの送別会でセクハラ、停職30日の処分

2016年6月2日 14:52 スポニチ
海上自衛隊佐世保地方総監部(長崎県佐世保市)は2日、自らの送別会で同僚の女性隊員2人の体に触るなどのセクハラ行為をしたとして、イージス艦「こんごう」の乗組員で、30代の男性3等海曹を停職30日の懲戒処分にした。

 
総監部によると、3等海曹は今年2月、送別会で同僚10人らと佐世保市内のカラオケ店を訪れた際、女性隊員の体を触った。女性隊員が上司に相談し発覚。予定されていた異動は取りやめになった。総監部は「指導を徹底し、規律違反の防止に努める」としている。

異動は取りやめ、査定は下がる。
本人からすれば、スキンシップのつもりでも、相手が嫌がればセクハラになるんだよねぇ。
軽い気持ちがあだとなるケースが多いだけに、それだけ意識も何もしていないと言うことだろうな。

2016年6月1日水曜日

セクハラ「言動ない」 岡崎・三浦市議が会見 

2016年5月31日 中日新聞

岡崎市議会のセクハラ問題で、三浦康宏議員(42)は三十日、市役所で記者会見を開き、「女性議員に対し、セクハラと評価される言動はしていない」と述べた。女性は同日の本紙の取材に「一方的に性的関係を持つように言われたのは事実。私はうそは言っていない」と真っ向から反発した。



三浦議員は、女性議員との関係について「いろいろな相談を持ち掛けられ、私は相談に乗っていた立場」と説明。「電話での会話の一言一言を捉えてセクハラと言われては心外だ」と主張した。

昨年七月、三浦議員から女性に「会いたい」とメールを送ったことには、「記憶にはない」と話した。記者から送信履歴を確認したかを問われると、「残っていない」と答えた。

一方、女性は「電話だけでなく、勝手に議員控室に入ってきて、性的関係を持つよう面と向かって言われたこともある。三浦議員の性的な要求に嫌な思いをしてきた。事実そのものを否定するとは許せない」と憤った。

会見に同席した細井土夫弁護士は「個々の点だけを捉えるとセクハラになることがないとは言えない」としながらも、「両者の関係は同僚であり、一言でセクハラとは(言えない)」と述べた。

さらに、細井弁護士は女性について「(周囲から)どういう評価を受けて、どういう行動をしていた人か」と話し、女性側の態度に問題があったとの見方を示した。

三浦議員は会見で「議員辞職する考えはない」と述べたが、三十日付で所属会派の自民清風会を離脱し、無所属になった。

女性や議会関係者によると、今年に入り女性は三浦議員から年四回の性的関係を持つよう迫られ、その一回目として四月末の九州研修を挙げられた。怖くなった女性は議会事務局と相談の上、研修参加を取りやめる事態になった。

結局、言った言わないになっちゃうんだよね。
やっぱり証拠が必要になっちゃうんだよね。
まわりの証言も重要なファクターだろうけど、決定的な証拠にはならないかもしれない。
やっぱり、証拠を残さないと、トドメをさせないね。

オフィスハラスメント対策専門店 超小型カメラ屋

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報