2016年6月19日日曜日

セクハラ行為 県職員減給処分 /熊本

2016年6月18日 毎日新聞

県は17日、女性に抱きつくなどセクハラをしたとして、出先機関の50代の課長級職員を同日付で減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。従来なら非公表の可能性もあったが、昨年12月に見直した指針を適用して公表した。

 
県によると、職員は先月下旬の飲み会後、女性につきまとって、抱きつくなどした。女性が翌日に県に申し出て、発覚した。職員の所属などは「被害者が特定される可能性がある」と公表しなかった。

 県は、わいせつなど被害者のプライバシーに配慮する必要がある場合は公表しないこともあったが、昨年12月に方針を転換。今回も「従来だったら非公表も検討する内容」とした。

公務員の場合、こう言うのはどんどん公表していくべきだね。
じゃないと、公務員のセクハラは無くならないでしょ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報