2016年6月7日火曜日

「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴

2016.6.7 08:50 産経新聞

共同通信社の元記者の30代の女性=退職=が、男性上司(当時)からのパワハラやセクハラで休職を余儀なくされたとして、同社と上司を相手取り、約484万円の損害賠償を求める訴えを神戸地裁に起こしたことが6日、分かった。提訴は3日付。
 
訴状によると、女性は平成21年に入社し、22年に神戸支局に着任。24年秋から毎月約100時間超の時間外労働などで鬱状態になった。女性は25年2月から軽勤務となったが、当時の支局長だった男性から「さぼっているだけではないか」「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」などと人格を否定された上、交際相手との性的関係を追及された。女性は鬱状態が悪化、休職した。

 女性は27年1月に東京本社に復職したが、直後に男性も本社に異動。本社内で鉢合わせたことで女性は鬱状態が再発し、再び休職を余儀なくされたという。

 女性は取材に「『2人を接触させるべきではない』と産業医が意見していたのに会社は配慮しなかった。『男性は発言を否定している』と会社から聞いているが、納得いかない」と話した。同社総務局は「訴状が届いたら内容を精査し、対応を検討する」とした。

仮にこれが女性の妄想だったら・・・・・って事はないんだろうけど、やっぱり証拠が欲しいよね。
そうすれば、すぐ相手をねじ伏せられる。
でも、実際にパワハラやセクハラの被害を受けている時は、そこまで考えられないだろうね。
やはり普段から、証拠を集める癖をつけておかないとダメですね。

こういう場合に、女性にお奨めなアイテム。

【防犯用】【超小型カメラ】【小型ビデオカメラ】 ペン型カメラ スパイカメラ スパイダーズX (P-120) 1080P 簡単撮影 軽量 - セクハラ・パワハラ・オフィスハラスメント対策専門店 超小型カメラ屋 http://shop.moshimo.com.2-t.jp/rt6E



押すだけの簡単操作。
見た目もカメラと判りにくい。
手に持っていても不思議ではない。
こういうアイテムが一つは欲しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報