2016年7月20日水曜日

パワハラ自殺訴訟 ヤマト運輸が和解求める

2016年07月20日水曜日 河北新報
ヤマト運輸(東京)の支店長だった仙台市の男性=当時(47)=が自殺したのは、長時間労働と上司のパワハラが原因だとして、遺族が会社と上司4人に計約8500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が19日、仙台地裁であり、会社と上司はいずれも請求の棄却を求めた。
 
 
会社側は損害額などを争うとしつつ、「不幸な結果に鑑み、早期かつ円満に解決したい」と述べ、和解を求める考えを示した。
 訴えによると、男性は2014年3月、仙台市内の支店長に就任。3カ月後に自殺するまで、時間外労働は最も多い月で182時間に上った。上司は休日出勤を強制し、男性が作成した資料を破り捨てるなどしたとしている。仙台労基署は15年6月、男性の死亡を労災と認定した。
こう言うのは早めに和解した方が会社のイメージダウンは少なくなるよね。
亡くなった方は戻ってはこないんだけどさ。
円満に解決した方が両者にとって最良だよね。
亡くなった方は戻ってはこないけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報