2016年7月5日火曜日

「パワハラで自殺」遺族がヤマト運輸提訴

2016年06月21日火曜日 河北新報
ヤマト運輸(東京)の支店長だった仙台市の男性=当時(47)=が自殺したのは、長時間労働と上司のパワハラが原因だとして、男性の遺族が20日までに、同社と上司4人に計約8500万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 
 
訴えによると、男性は2014年3月、同市内の支店長に就任。月の時間外労働は110時間を超え、最長で182時間に上った。上司は休日出勤を強制し、男性が作成した会議資料を目の前で破り捨てるなどした。男性は3カ月後に自家用車内で練炭自殺した。
 仙台労基署は業務による強い心理的負担で発症したうつ病が自殺の原因と判断し、15年6月に労災と認定した。
 遺族側は「支店で多発した交通事故への対応やドライバー不足により、過重労働を強いられた。暴言などのパワハラ行為は頻繁、継続的にあり、人格が否定された」と主張する。
 同社広報戦略部は「訴状を見ておらず、コメントは差し控える」と述べた。

ヤマト運輸でもあるのか。
そんなイメージは無かったのだが、あったんだねぇ。
それにしても、会議の資料を目の前で破り捨てられるのは、無いわ。
苦労が水の泡。
まあ、その会議の資料の内容がわからないから、ひどい!だけど、資料の内容が使い物にならなかった場合は、破り捨てられても仕方ないよなぁっという考えも少しはある。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報