2016年8月20日土曜日

群馬県警の巡査部長 パワハラで停職処分に

2016年8月19日 20:02 日テレニュース
群馬県警の巡査部長が、部下に対しパワーハラスメントを繰り返したり、暴行を加えたりしたとして停職処分になった。

 
群馬県警によると、県警の機動隊に所属する33歳の男性巡査部長は2014年から約2年にわたり、部下の20代の男性巡査長に対し、剣道や柔道の練習の際に度を超えたしごきを行ったり、身体的特徴をバカにするような発言を繰り返していたという。

また、今年6月には同じ巡査長に対し懇親会で飲酒した際に胸や顔などを殴り、全治10日のケガをさせたとして19日、傷害容疑で書類送検された。

これらを受けて群馬県警は19日、巡査部長を停職6か月の処分とした。群馬県警は「このような不適切な事案を引き起こしたことは県民の信頼を損なう行為で極めて遺憾である。県民の期待と信頼に応えていく所存」とコメントしている。
度を越したしごきに、飲み会での暴行。
パワハラというより暴行事件だね。
免職じゃなくて停職で済ませれるところもすごいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報