2016年8月22日月曜日

北海道新聞社などを提訴 遺族「セクハラ原因で自殺」

2016/8/22 21:02 日本経済新聞社 
北海道函館市で昨年2月、北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が、男性社員2人からのセクハラが原因で自殺に追い込まれたとして、遺族が同社と社員2人に約8590万円の損害賠償を求める訴訟を22日、函館地裁に起こした。

 

訴状によると、社員らは2014年12月、忘年会で訪れた函館市内のカラオケ店などで女性(当時40)の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。女性は昨年2月、自宅に火を付け、一酸化炭素(CO)中毒で死亡したという。

 北海道新聞社経営企画局は「提訴されたことは遺憾です。ご遺族の主張に対する当社の考えは、裁判の中で明らかにしてまいります」としている。
新聞社だからセクハラが起きないとは限らないもので、普通の会社だから怒る可能性がある。
更に遺族と対決する姿勢の新聞社っというのも、一般企業であれば普通にあり得るんだけど、
新聞社なんだよね。
これで、社説とかで、セクハラがどうのこうのといっても、信憑性は「0」どころか、マイナスになってしまった。
新聞社にとってこれは表ざたにしたくない問題だったね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報