2016年8月23日火曜日

国を提訴 九地整小浜維持出張所、元非常勤の女性 慰謝料など170万円求める 長崎






2016年8月17日 毎日新聞
上司からのパワーハラスメント(パワハラ)でストレス性障害を発症し、休職に追い込まれたとして、国土交通省九州地方整備局長崎河川国道事務所小浜維持出張所(雲仙市)で非常勤職員として勤務していた女性が、国に慰謝料など計約170万円を求める訴訟を長崎地裁に起こしたことが分かった。提訴は6月22日付。


 
訴状によると、2013年8月〜15年3月、女性は当時の上司だった技術係長から、大声で怒鳴られる▽「このくされ女が」などと暴言を吐かれる▽カッターナイフで威嚇される−−などのパワハラ行為を受けた。

女性は同3月にストレス性障害と診断され、休職。同7月に退職した。女性は「多大な精神的・経済的損害を被った」と主張している。同事務所は「訴状を受け取っていないので、コメントを差し控える」としている。
パワハラは周りの証言も有効になるからな~。
こんなおおっぴらにしたら、逃れられないね。
しかもカッターナイフで威嚇するとは・・・。
パワハラじゃなくて脅迫や傷害未遂でもあるぞ。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報