2016年8月4日木曜日

遺跡発掘調査員がセクハラ 喜多方市教委、契約を解除

2016年08月03日 09時05分 福島民友
喜多方市教委が同市塩川町の遺跡発掘調査で業務委託契約していた50代の男性調査員が今年6月、同じ現場で働く40代の女性臨時職員に対し体の一部を触るなどのセクハラ行為をしていたことが2日、同市教委への取材で分かった。市教委は、両者への聞き取りなどの結果から、セクハラ行為があったと認めた。

 
 
市教委は調査員からの申し出もあり、7月末で契約を解除した。

 市教委によると、セクハラ行為があったのは今年6月中旬ごろで、女性は体を触られたと市教委に申し出た。聞き取りに対して元調査員は体の一部を触るなどしたことを認め、「女性を励まそうと思った。セクハラの認識はなかった」と話したという。女性は同月下旬、依願退職した。

 市教委は今回の件について、女性のプライバシーに関わるとして公表していなかった。
こう言うのは公表されると身元が割れて、さらに追い打ちをかける可能性があるという立場と、公表して鉄槌をくだすべしという意見もあると思う。
なかなか判断が難しいところだね。
しかし、セクハラの線引きは難しいね。
肩を叩いただけでセクハラになる人もいれば、エロ話をしてセクハラになる人もいる。
逆に、ならない人もいるんだよね。
その辺は取り方次第。
常に気を付けないとね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報