2016年9月24日土曜日

平山県議 パワハラ認めた 自民会派を離脱 セクハラ否定 /秋田

2016年9月24日 毎日新聞
県議会事務局の女性職員が県議からセクハラやパワハラを受けたと主張、配置換えになった問題で、県議が23日、自民党会派から離脱する意向を示した。県議は南秋田郡選出の平山晴彦氏(61)。セクハラは否定しているが、パワハラは認めている。党籍は残す。

 この日あった会派の総会で、平山氏が離脱を申し出て、了承された。開会中の9月定例会閉会までに離脱手続きを済ませ、1人会派として活動する予定。

 議会運営委員や監査委員なども辞任した。

 この問題をめぐっては、自民党控室に勤務していた女性職員が、6月中旬に食事の席で平山氏にマッサージと称して体を触られ、帰宅の際には複数回にわたって電話を受けたなどと訴えている。

能登祐一会長
平山氏は食事に誘ったり、電話をかけたりしたことについてはパワハラだったと認めている。総会後に取材に応じた平山氏は「会派にこれ以上迷惑をかけないため、自分で判断して離脱を決めた」と述べ、体を触るなどのセクハラ行為については重ねて否定した。

 総会後に記者会見した会派の能登祐一会長は「大変残念だが、相手(女性職員)がそういう思いをしたのであれば、種をまいた方(平山氏)が悪く、 責任を取るべきだ。こういう行為は今後、慎んでいかなくてはいけない」と話した。
会長も悠長だな。
慎んでいくではなく、絶対にあってはならない、とする所じゃないのかね?
こんなんじゃ、いつまでたっても無くならないよ。
地方はこういうモラル的な事には呑気なのかね。

2016年9月22日木曜日

秋田 平山晴彦県議がセクハラか 非常勤女性を配置換え






2016.9.21 19:27 産経新聞
秋田県の議会事務局に勤める非常勤職員の女性が、自民党会派の平山晴彦県議からセクハラやパワハラを受けたと主張し、7月に自民党会派の控室から別の職場に配置換えになっていたことが20日、関係者への取材で分かった。平山晴彦県議は否定している。

 
渋谷正敏議長は同日、女性から聞き取り調査。議長によると、6月中旬に平山晴彦県議から食事会に誘われて断れずに参加してマッサージをされた。さらに平山晴彦県議から複数回「忘れ物を届ける」との電話があり、呼び出されるなどしたという。

議会事務局などによると、女性は6月下旬に「平山晴彦県議のハラスメントで精神的ダメージを受けた」と事務局に相談して配置換えを申し出た。1週間ほど休んだ後、7月上旬に別の職場に復帰した。

陰謀とか嵌めたとか出てくるんだろうけど、相手の女性が嫌がれば、セクハラ成立しちゃうんだよね。
まー、わきが甘かったね。
もうちょっと接し方を考えるべきだった。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年9月18日日曜日

フジテレビで障害者にパワハラ。被害者休職。

2016年9月17日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
障害者枠で採用されたフジテレビの社員2人が、所属部署の局長の“パワハラ”が原因で、休職していたことが日刊ゲンダイの調べでわかった。1人は30代の男性で、昨夏に1~2カ月間休職し、現在は別の部署に異動している。もう1人は30代の女性で、今年8月から会社に来ていないという。

 
2人に“パワハラ”を加えたとされる上司・A氏は現在、局長と執行役員を兼務する元「月9」プロデューサー。90年代後半にジャニーズの人気メンバーや有名女優が主役を務めたドラマを手掛けるなど、業界では有名人だ。フジテレビ社員はこう言う。

「身長が180センチ近くあり、昔、柔道をやっていて体がでかい。『ドカベン』を彷彿とさせる体形で部下を威圧し、“軍隊的な規律”を求めるんです。他部署の社員に対しても、電話で呼びつけたり、怒鳴り散らす様子を見て、2人は恐怖を感じるようになった。別の部員は、A氏の姿を見るだけで震えがくるといいます。あまりにも態度がひどいので、取締役と産業医がA氏を呼び出して、注意したほど。しかし、2年連続で休職者を出してしまった。しかも、障害を背負いながら頑張っている社員です」

 フジテレビ企業広報部は、社員2人の休職について「社員のプライベートについてはお答えしておりません」と回答。A氏の“パワハラ”については「基本的には、社員に関する個別の案件についてはお答えしておりませんが、ご指摘のような事実はございません」と説明した。

 なぜ、こんな“いわくつきの人物”が出世し、役員にもなっているのか。別のフジテレビ社員が説明する。

「A氏は、日枝久会長が編成局局長をやっていた時の、直属の部下です。今、出世しているのは、日枝会長の覚えのいい“ヒラメ社員”ばかり。ネガティブな情報がメディアに出れば、すぐに“犯人探し”が始まる。視聴率も民放4位が定着し、社内の雰囲気は最悪です。これで社員の士気が上がるはずがありません」

 視聴率アップよりも、まずは社内改革が先か。

ウジテレビといわれて久しいフジテレビ。
根本的に腐っているんだね。
もう停波処分でいいんじゃね?

2016年9月15日木曜日

ケーズデンキがパワハラで提訴される。パート遺族「パワハラで自殺」 大津地裁

2016.9.14 20:08 産経
昨年、大津市の家電量販店「ケーズデンキ西大津店」で働いていたパート従業員の女性=当時(49)=が自殺したのはパワハラが原因だとして遺族が14日までに、運営会社「関西ケーズデンキ」(大阪市)と当時の男性店長に計約7千万円の損害賠償を求める訴訟を大津地裁に起こした。

 
訴状などによると、元店長は昨年夏ごろから、他の従業員の前で女性に向かって大声で怒鳴ったり、女性が望んでいた日曜のシフトを勝手に外したりするようになり、女性はいじめと捉えた。

女性は9月23日、10月から毎日近くの競合店に通い、全商品の価格を調べるよう指示された。苦痛だとして何度も拒否したが、元店長は聞き入れなかった。女性は9月29日朝、同僚に無料通信アプリLINE(ライン)で「疲れました。いろいろありがとう」とメッセージを送り、自宅で首をつって死亡した。

女性の夫は12月にショックで仕事を辞めたといい「当時は涙が突然出ることが多かった。今でも憎しみでいっぱいだ」と怒りをあらわにした。

関西ケーズデンキの代理人弁護士は「訴状を見ていないのでコメントできない」と話している。

パワハラもセクハラも、受け取る側に左右されるからね。
いじめだとか、パワハラを受けているという認識を一度でもされたら、もう終わりだよ。
直前にラインメッセージも残しているしね。
因果関係は十分にあるね。

2016年9月11日日曜日

消防士自殺 公務災害と認定 酒田市長、パワハラなど検証へ /山形

2016年9月9日 毎日新聞

地方公務員災害補償基金県支部が、酒田地区広域行政組合消防本部の男性消防士(当時20歳)の自殺を公務災害と認定したことが8日、分かった。

 
遺族は職場でのパワーハラスメントを苦に自殺したとして、公務災害の認定を求めていた。同日、酒田市役所で記者会見した管理者の丸山至市長は「非常に重く受け止めているが、パワハラがあったかどうかははっきりしない。同基金に可能な限り情報開示を求めて対応する」と述べた。

一歩間違えば命を落とす現場だからなぁ。
厳しい指導はあったと思うんだけどね。

2016年9月10日土曜日

東工大の男性教員、女性職員にセクハラ 停職3カ月

朝日新聞 2016年9月9日13時32分

東京工業大学は9日、大学の非常勤職員の女性に性的な言動を繰り返したとして、非常勤教員の男性を1日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 
 
同大によると、男性教員は女性職員に対し、性的な発言や体をさわるなどのセクハラをしたという。女性が大学に相談して発覚した。

同僚にセクハラですか~。
あいかわらず、なくなりませんねぇ。

2016年9月8日木曜日

群馬県立女子大講師がセクハラで懲戒免職  群馬

2016.9.8 20:48 産経新聞
群馬県立女子大の男性講師が女子学生2人にわいせつな行為や発言をしたとして、群馬県は8日、この講師を同日付で懲戒免職にしたと発表した。

 
県によると、講師は昨年6月から今年3月にかけ、教え子の学生に対し、学校外の場で身体を触ったりキスをするなどした。また、別の学生にも胸の大きさに関することなどのわいせつな発言をしたという。

2人の学生が5月末、学内のハラスメント相談員に相談したことから発覚。男性講師は、一緒にいたことは認めているが、わいせつな行為や発言は否認しているという。

県は学生の証言が具体的なことや虚偽の証言で講師を陥れるメリットがないことも考慮し、地方公務員法に基づき懲戒免職とした。
大学って場所は、どうしてもそう言うのが出てくるよねぇ。
しかしこれだけ世間で話題になっているのに、この講師は馬鹿か。
もっとうまく立振る舞える方法がいくらでもあるのにな。
なんにしてもセクハラはダメっす。
相手が嫌だった時点で何やってもセクハラなんだから。

2016年9月4日日曜日

<酒田・消防士自殺>市長がパワハラ否定

2016年09月03日土曜日河北新報
山形県酒田地区広域行政組合消防本部の男性消防士=当時(20)=が自殺したのはパワハラが原因だとして遺族が労災申請した問題で、組合管理者を務める丸山至酒田市長は2日の定例記者会見で、パワハラとの見方を否定した。
 

丸山市長は「人を助けるという消防の業務内容上、訓練は厳しかったと思う。ただ、厳しさとパワハラはイコールではない、というのが内部調査を受けての認識だ」と説明した。
 その上で「私にも同世代の子どもがいて遺族の心情は理解できる。労災審査の結論を受け、今後の対応を決めたい」と述べた。
 男性消防士は消防救助技術を競う大会にチームで出場する予定だったが、直前の2014年6月に山形県庄内町で自殺。消防本部は内部調査を行い、「パワハラやいじめは確認できない」と結論付けた。遺族側は15年2月に労災申請した。

消防や警察・自衛隊は人命が関わることだから、訓練も厳しくなると思うんだよな~。
危ない事をしたら、「バカ!止めろ!!」とかとっさに言わなければならないだろうし。
それを言わなかったが為に回避できず事故に巻き込まれる事もあるだろうしね。
この辺が難しところではあると思うよ。

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報