2016年11月27日日曜日

幹部社員夏野亮氏の悪質セクハラを放置するフジの“おごり体質”






2016年11月25日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
これはれっきとした犯罪だ。フジテレビの制作局第二制作センター室長の夏野亮氏が今年7月、レコード会社の女性2人に対しセクハラをしていたと、発売中の週刊文春が報じている。レコード会社がフジに対し抗議していたようで、両社とも事実を認めている。 

事件が起きたのは音楽番組「FNSうたの夏まつり」の打ち上げの場。フジテレビやレコード会社など関係者30~40人が参加する中、夏野亮氏はレコード会社の女性の胸を触ったり、別のレコード会社の女性の性器をしつこく触ったという。夏野亮氏はバラエティー部門のトップという要職で、相手がレコード会社という“弱い立場”に付け込んだトンデモナイ話だ。

写真はイメージです
「最初、フジテレビは“隠蔽”しようとしていたのですが、レコード会社側が認めたため、フジも認めざるをえなかった。中身としては、“公然わいせつ”や“強制わいせつ”と同じような話です。事件化してもおかしくありません。こうした場合、フジの社員である夏野亮氏は一般人なので、イニシャルで報じることがほとんどですが、文春は悪質性を考えて、実名報道に踏み切ったのではないでしょうか」(レコード会社関係者)

まさにゲスの極みの所業というしかない。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「過去にレコード会社が、セクハラされたことを認めた例なんて聞いたことがない。それだけ、テレビ局の影響力が小さくなっているということでしょう。昔は『夜のヒットスタジオ』に一晩出れば、次の日にレコードが5000枚売れたこともあった。しかし、今やインターネットなど、いくらでも売り出す方法はある。これを機にテレビの“おごり体質”を改善すべきです。このまま誰も責任を取らず、問題を放置しているなら、亀山千広社長も“同罪”でしょう」

フジは一刻も早く、この“セクハラ幹部”をクビにすべきだ。
イケイケドンドンのフジテレビの時代じゃないしね。
TVの必要性自体が急速に無くなっている。
在りし日のフジテレビ的な感覚でいる人がいると言う事は、フジテレビの寿命も尽きたね。
こういうことが起こるような組織は停波処分を実行した方がいいのではないかと思ってしまう。
安倍首相も考えて欲しいところだ。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月24日木曜日

ハーバード大男子サッカー部が不祥事…セクハラにより謹慎処分に






サッカーキング 2016.11.05
名門ハーバード大学の男子サッカー部が、女子サッカー部に対するセクハラが理由で謹慎処分を受けることとなった。イギリスメディア『BBC』が4日付で伝えている。
ハーバード大学のサッカー部に所属する男子が、女子サッカー部についてセクハラ的なコメントをしたほか、女子の写真を見ながら魅力に基づいて10段階評価をしていたことを同大学の学生新聞が明らかにした。

ハーバード大学初の女子学長であるドリュー・ギルピン・ファウスト学長は「2012年に行われたとされる男子サッカー部のおぞましい行為を知って、とても動揺している。この行為はこの年に限られたものでもなかったし、少数の個人に限定されるものでもなかった」と表現している。
さらに、同大学のサッカー部は今シーズンのアイビーリーグの残り試合も没収試合となっている。この処分について、ファウスト学長は「今シーズンの残り試合を没収するという決断は深刻で重大なものだった。この決断は、告発された彼らの振る舞いがハーバード大学において全く受け入れられるものではないという見解を反映している。われわれの共同体における中心価値は、お互いに対する敬意である」とコメントしている。
名門のハーバードでもこういうことがあるんだねぇ。
名門でも所詮人の子ということだね。
一歩間違えればどこにでも発生するのがセクハラだね。


セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月22日火曜日

東消防署 斉藤昭一署長更迭 消防局が防止策も 福井市 /福井






毎日新聞2016年11月16日
福井市消防局東消防署長らによる部下へのパワーハラスメントを受け、福井市は15日、東消防署の斉藤昭一署長を事実上更迭し、消防局付とする人事異動を発表した。東消防署長は山本太志消防局次長が兼務する。発令は同日付。


また、市消防局は同日、副署長が窓口となり、職員や第三者からのパワハラの情報提供を受け付け、消防局長や局次長らによる苦情処理委員会で対応を協議する再発防止策を明らかにした。これまで市消防局にはこうした窓口がなかった。

しかし、東消防署では窓口となる副署長も、署長らが部下3人を全裸にするパワハラを行った親睦会に同席。今回のパワハラの聞き取り調査に対して「見ていない」「覚えていない」などと報告していた。
消防署や警察のパワハラは止めて欲しいね。
いざって時に、十分に働けなる可能性が大きい。
どこまでがパワハラかって問題もあるし、本人のメンタル的な問題もあるだろうけど、一般的にパワハラにあたる物はやめてもらいたいね。
将来優秀な隊員になるかもしれないしね。
でもある程度、メンタルが強い人を入れないと、仕事にならないだろうなってのもある。
その辺は適性検査を十分にしないとって事になるのかな。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月20日日曜日

強盗未遂の元警官石橋良太被告 「上司パワハラが動機」






2016年11月16日水曜日 河北新報
窃盗目的で民家に侵入し、強盗未遂罪などに問われた元八戸署地域課巡査長の無職石橋良太被告(26)=青森県八戸市江陽2丁目=は15日、青森地裁八戸支部で開かれた公判で「借金するほどギャンブルにはまったのは、当時の上司から受けたパワハラに耐えられなかったからだった」と述べた。
 
供述によると、被告は昨年3月中旬ごろから約1年間、上司に「でぶ」「死ね」などと言われ続け、頬にカッターナイフを突き付けられたこともあった。ストレスで精神科に通い、うつ病などと診断された。ギャンブル中は職場のことを忘れられたため、オンラインカジノなどにのめり込んだという。
 精神科への通院は職務で拳銃が持てなくなるという理由から中断。今年4月に職場が変わってもギャンブル依存症は治らず、借金を返済するために盗みを行ったという。
 起訴状などによると、7月8日、八戸市内の60代の漁業男性方に侵入して現金約70万円を盗み、同17日には男性方で包丁を示し、現金を奪おうとしたとされる。同25日、薬物捜査と偽って同市の30代の女性会社員の軽乗用車のドアを開けさせるなどしたとしている。
精神手的弱い方であったのと、パワハラが重なったのが原因かな~。
それに職務に対する圧迫感もあったかもしれないね。
ただ、石橋良太被告がギャンブルに安易に逃げたのが、納得できないけどね。
まだ若いから受け流したり、それをてこに見返すというような発想が出来なかったのかもしれない。
どちらにしろ、タフでなければ務まらない警察官という職業を選択したのが間違いだったかもね。
上司も言葉やカッターでパワハラするのではなく、柔剣道で指導すればよかったんじゃないかな。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋








2016年11月19日土曜日

大月佳代子歯科医師 パワハラ、診察拒みで懲戒免職 樫本温(さとし)院長(61)は解職 富士吉田市 /山梨






毎日新聞2016年11月17日
富士吉田市は16日、職場でのパワハラや患者の診療を拒んだなどとして市立病院歯科口腔外科主任の大月佳代子歯科医師(58)を懲戒免職にしたと発表した。また市立病院の樫本温(さとし)院長(61)を減給10分の1(6カ月)とした上で院長を解職した。また副院長と事務長を口頭による厳重注意処分とした。樫本氏、大月氏はいずれも「事実無根」と否定し、市公平委員会に処分を取り消すよう申し立てる方針。


大月佳代子歯科医師

市によると、大月氏は2013年1月から同病院で診療。看護師や事務職員らに対し高圧的言動や無視・冷たい態度などのパワーハラスメントを行ったという。また富士吉田歯科医師会所属の一部歯科医院からの紹介患者を診療せず差別したとしている。市によると「紹介状に不備がある」などを理由に患者の診察をしなかったケースが複数あるという。

また、樫本氏については「大月医師を院長として指導せず、適正な院内管理を怠った」としている。

堀内茂市長は記者会見で「市民や利用者に心配をかけ申し訳ない」と陳謝。自らの任命責任として市長給与を減給10分の1(2カ月)とする意向を示した。
状況証拠や周りの証言だけじゃ、こういうの絶対的な証拠より証拠能力が薄い様な気がするんだけど、それでもこういう処分が下るんだね。
だから、反論として事実無根ってのが出てきちゃうと思うんだけどさ。
やっぱりこういうのは証拠を残して、確実に追い詰めないと時間の無駄になっちゃうね。
証拠さえあれば、損害賠償も請求できるだろうしね。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月17日木曜日

「パワハラ」長崎市を提訴 職員が800万円賠償請求 [長崎県]






2016年11月17日 00時35分 西日本新聞
長崎市役所の40代男性職員が、うつ病を患ったのは上司や同僚から嫌がらせを受けていたにもかかわらず、市が男性を保護する義務を怠ったためだとして、市に慰謝料など約800万円の賠償を求め長崎地裁に提訴したことが16日、分かった。提訴は10月28日付。

 
 
訴状などによると、男性職員は都市計画課管理係の上司から2013年4月ごろから、作成した文書を目の前で破られたり「思考能力を欠いている」などと言われたりするパワハラを受け続けた。同僚からは、深夜に電話で「ばかにすんな。ふざくんな」などと言われ、精神的苦痛を受けた。男性職員は同年12月、うつ病と診断され、通院と一時休職を余儀なくされたという。

 原告の代理人は「パワハラ行為を認識していたはずなのに市は配置換えをするなどの措置を怠った」と主張。市人事課は「訴状の内容について調査し、対応を考えたい」としている。

どちらかというと、民間を指導すべき立場の役所がこれだからな~~。
なかなか昔からの習慣は消えないのかもしれないね。
でもさすがにこういうのは無くして行かないとと言うか、上司の認識問題でもあるんだけどね。
でも、こういう指導の仕方しても、結局こうなっちゃうから効果が無いんだよね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月16日水曜日

「セクハラ対策放置」 被害職員、JAさが提訴






2016年11月16日 09時40分 佐賀新聞
JAさが(本所・佐賀市)が職場でのセクハラの防止や事後対応の対策を怠ったため心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患ったとして、女性職員が15日までに、JAさがに慰謝料など約2400万円の損害賠償を求める訴訟を佐賀地裁に起こした。

訴状などによると、職員は2010年と11年の2回、組合員の生産者の研修会に業務で同行、研修後に女性コンパニオンの性的接待を伴う宴会があり、職員は代金支払いのため同席を余儀なくされた。11年には宴会後に参加者の男性から無理やり体を触られるなどして刑事事件になり、男性は強制わいせつ致傷罪で有罪判決を受けた。職員はPTSDが回復せず、現在も仕事に支障を来している。

職員側は、セクハラ関係の法律や国の指針をもとに、被害者への適切な配慮措置や再発防止を事業所に求めたのに対し、JAさがは職員の相談を放置し、研修も改善しなかったとして「被害を生じさせ、安全配慮義務違反に当たる」などと主張している。

JAさがは「職員のことでもあるので、訴状の中身を検討した上で真摯(しんし)に対応したい。セクハラ対策やコンプライアンスの徹底で再発防止に努めたい」とコメントした。
認識の問題だね。
田舎のおっさんたちには、この辺はなかなか理解できないのかもしれない。
都会のおっさんでも理解できない人もいるので、世代の問題かもしれないけどね。
しかし、線引が難しい場合も出てくるので、触らぬ神にたたりなしって感じになっちゃうのかな。
この場合は明らかに黒だけどね。


JA佐賀で検索かけたらこんなの出てきたよ。
こういう事をする人たちだから、セクハラも当たり前なのかもしれない。


セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋








2016年11月15日火曜日

「パワハラ自殺」提訴へ 西日本高速 料金所勤務の男性






2016年11月01日 03時05分 西日本新聞
福岡県の京築地区にある東九州自動車道インターチェンジ(IC)の料金所に勤めていた契約社員の男性=当時(46)=が2015年10月、「料金所の所長からパワハラを受けた」とする遺書を書き、自殺していたことが31日分かった。遺族は、パワハラを知りながら適切な対応を取らなかったとして、勤務先の「西日本高速道路(NEXCO西日本)サービス九州」(同県太宰府市)に損害賠償などを求める訴えを近く、福岡地裁小倉支部に起こす。


 
遺族代理人の弁護士や同社によると、所長は40代の女性で現在は別の部署に異動している。男性は14年4月に契約社員として働き始め、自動料金収受システム(ETC)の監視などに当たっていた。

代理人弁護士や遺族によると、所長のパワハラは15年1月ごろから始まった。事務所にある階段の手すりの先端に、丸く切り取った男性の顔写真を張ったり、他の職員の前では差別的なあだ名で呼んだりした。勤務態度を罵倒したこともあったという。

男性は同3月、パワハラなどに関する同社の窓口に相談。そのことを知った所長から他の職員の前で謝罪させられ、別の上司からは「正社員になるのが遅くなる」と告げられたと主張している。自殺前には、家族に「遠くに転勤するかもしれない。もう会えない」と口にしていたという。

同10月16日から行方不明になり、19日、勤め先のICの駐車場で、車内から制服姿のまま遺体で見つかった。練炭自殺したとみられる。遺書は自宅で3枚見つかり、「パワハラにより今回の自殺に至りました。家(族)に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、もう考えはかわりません」などとつづっていた。

代理人弁護士が今年1月、同社に対し、男性の自殺に関する社内調査の有無などを質問。双方の代理人が話し合いを続けてきたが、不調に終わった。妻(49)は「自殺の原因を明らかにすると同時に今後、同じようなことが起きないよう世間に訴えたい」と話す。

同社は「男性が自殺したことは把握しているが、詳しいことはコメントを控えたい」としている。
これはな~~ダメだな。
相談した事を加害者に言っちゃ駄目だな~~。
報復されるにきまっている。
この場合、西日本高速の落ち度が大きいね。
聴取するにしても、誰誰からこういう訴えがありましたって言っちゃ駄目だよな~。
加害者と西日本高速が殺したと言われても仕方が無いね。
せっかく相談窓口を作っているのにこれでは逆効果だ。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月14日月曜日

同僚への土下座強要は「パワハラ」 日本郵便に賠償命令






2016年10月26日 03時05分 西日本新聞
2011年に福岡県内の男性郵便局員=当時(41)=が突然死したのは当時の郵便局長のパワハラが原因として、遺族が日本郵便(東京)に1億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、福岡高裁であった。白石哲裁判長は、局長が朝礼で別の局員を土下座させたことについて、「その場にいたすべての職員」へのパワハラに当たるとする判断を示した。

 
 
判決によると、男性局員はうつ病で休職中の11年12月に致死性不整脈で死亡。生前の同5月と10月、局長から「いつ辞めてもらってもいいくらいだ」「あんたが出てきたら皆に迷惑」などと言われた。

 この2件について、白石裁判長は一審の福岡地裁小倉支部判決と同様にパワハラと認定。さらに、同6月に男性局員を含む複数の局員が参加した朝礼で、局長が別の局員を土下座させた行為も「その場にいたすべての職員に対する安全配慮義務に違反する」としてパワハラと認定した。

 3月の一審判決は220万円の支払いを命じていたが、白石裁判長はこれを変更し、330万円の支払いを命じた。パワハラと死亡の因果関係は一審判決と同じく認めなかった。

 日本郵便は「判決の詳細を確認した上で対応を決める」とコメントした。
土下座を強制させるのはダメだよね。
特に今の世の中では。
自主的な土下座ならまだしもね。
自主的な土下座でも、周りに人がいたら、周りの人に対するパワハラになると言う事が判決で出たので、そう言うのも今後気を付けないと、管理する側や上司は大変なことになっちゃう。
認識を改めるいい機会かもしれないね。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋








2016年11月13日日曜日

「BUNNY KISS」(バニキス)の谷口佳留愛(17) 「パワハラ、嫌がらせ…精神的に限界」






2016年11月13日 12:18 スポニチ
女性2人組「BUNNY KISS」(バニキス)の谷口佳留愛(17)が、ストレスや運営側の嫌がらせを理由にユニットから脱退したことが分かった。11日に更新した自身のツイッターで報告した。


「皆様にご報告があります。よかったら読んで頂きたいです」とツイートし、脱退を報告する長文メッセージを掲載。脱退理由として「運営からの度重なるパワハラ、嫌がらせ、移動時における居眠り運転などの危険行為により、精神的に限界で続けることが困難なため」と明かした。

ストレスで円形脱毛になったほか、遠征先では谷口だけが朝食を抜かれる嫌がらせや、誹謗中傷を受けていたという。中でも「居眠り運転」として運営側のスタッフが中央分離帯のポールをなぎ倒して走行して「何度も命の危険を感じた」と告白。さらに「半年以上も自動車運転免許証の更新をしていない状態で、無免許で運転し、警察に捕まったこともあった」と内情を伝え、自身も警察に半日以上拘束されたことがあったと訴えた。

「言いたいことは沢山ありますが」としながらも「今まで頑張ってこられたのは応援してくれる皆様がいたから」とファンに感謝。最後は「かるあ(本人)の事は早く忘れてね」と、複雑な思いも記した。
これは酷いな。
スタッフのパワハラよりも、無免許で運転って。
しかも中央分離帯なぎ倒しって。
これじゃあいくつ命があっても足りないね。
パワハラもな~~。
所属事務所の子であれば、商品なんだから。
それにパワハラしてどうすんのッて感じだよね。
全く儲ける気が無いと言うか。
何の為に、タレントやらせてるんだか。
なんか、ビジネスとして成り立っていないよな。
賞品やつれさせてどないすんねんって話だよ。
素人が運営しているんだろうねぇ。
ま、芸能自体はほかでも出来るから、大学生になった後また復活すればよろしい。
それまで自分を磨いてほしいね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月12日土曜日

宮城県大衡村 跡部昌洋・前村長の「セクハラ問題」、女性職員の公務災害認定






2016年11月09日 18時49分 読売新聞
宮城県大衡村の跡部昌洋・前村長(67)が女性職員にセクハラ行為を行ったとして損害賠償を求められている問題に絡み、地方公務員災害補償基金県支部が、休職中の50歳代の女性職員の公務災害を認定していたことが8日、分かった。


跡部昌洋・前村長
 村によると、女性職員は精神的疾患を理由に2014年12月から180日間の休暇を取得後、15年6月から現在まで休職中。同年7月、同基金に公務災害と認定するよう請求していた。

認定通知書では「セクハラやパワハラが事実であったかは確認できない」とした上で、「(前村長から)本人に大量のメールが送られていることが確認でき、これが原因で医学的知見においても精神的疾患を発症したと認められる」と指摘したという。さらに、「職場でひどい嫌がらせ、いじめ、暴力を執拗しつように受けたケースに該当する」と結論付けた。

村は同基金の認定に基づき、女性職員に休職中の給与や手当の未払い分を支払う方針。総額は数百万円になる見通し。

女性職員は15年3月、性行為を強要されるなどのセクハラを受けたとして跡部前村長を相手取り、1000万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こしている。

大量のメールってどれくらいの物量なんだろうね。
100や200じゃないんだろうな。
ってかそんだけのメール送る暇があるなら仕事しろよって思うが。
宮城県の村長はよっぽどやることが無くて暇なんだねぇ。
って思ってしまった。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋









2016年11月10日木曜日

前秩父署長斎藤保警視がパワハラ=部下自殺との因果関係認定-遺族に謝罪、懲戒処分・埼玉県警






 2016/10/21-20:33 時事通信
埼玉県警は21日、7月に自殺した県警秩父署の元地域課長の男性=当時(52)=にパワハラ行為を繰り返したとして、同署の前署長斎藤保警視(56)=警務部付=を戒告の懲戒処分とした。県警はパワハラと自殺の因果関係を認め、同日までに男性の遺族に謝罪。斎藤警視は同日付で依願退職した。
県警は、前副署長の男性警視(58)についても、元課長の業務実態を十分に把握していなかったとして、本部長注意とした。

元課長は7月10日、自宅で首をつっているのを帰宅した妻に発見された。残された遺書には、仕事の悩みなどが書かれていた。
県警によると、秩父署長だった斎藤警視は3月下旬~7月上旬ごろの間、元課長を大声で感情的に叱責したり、決裁を拒否したりするなどして、元課長に精神的苦痛を与えた。

叱責する場合は、大声で感情的になりやすい物だけれど、絶対にやっちゃ駄目なんだよね。
逆に冷静に言わないとね。
叱責されている方も、ほとんど頭に入らない。
早くこの場をやり過ごしたいってなるだけなんだよな。
もうそろそろこういうのは通用しない時代なんだが、まだ判ってない人が多い様だね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋








2016年11月8日火曜日

「なんで彼氏がおんねん」セクハラ発言の中学教諭を停職3カ月 神戸市教委






産経新聞 2016.11.4 19:51
神戸市教育委員会は4日、20代の同僚の女性教諭にセクハラ発言をしたとして、須磨区の市立中の男性教諭(50)を停職3カ月の懲戒処分にした。教諭は依願退職した。


イメージです

市教委によると、6月の深夜に女性教諭と2人で飲酒後、両腕をつかみ「大好きなんです」「なんで彼氏がおんねん。なんで結婚すんねん」と繰り返した。男性は「飲酒し覚えていない。申し訳ない」と話している。

男性は昨年にも、飲酒してタクシー運転手に暴行したとして逮捕され、停職処分を受けた。

よっぽど好きだったんだろうな~。
ってか、こんなこと言うなんて50歳で独身だったのかな。
それならそれなりに、もっと違うアプローチの仕方もいろいろあると思うんだけどね。
まー仕方が無いね。
しかしこれもセクハラになるのか。
どちらかというとパワハラになるような気がするのだが。
触ったからセクハラになっちゃったのかな?
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用

カメラ 超小型カメラ屋







2016年11月7日月曜日


2016年11月6日日曜日

部下にセクハラ、千曲市係長処分 停職3カ月






信濃毎日新聞 11月3日
千曲市は2日、部下の女性職員にセクハラ行為をしたとして、40代の係長男性を1日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。職員の懲戒処分の指針に基づき、被害者が特定される恐れがあるとして、係長の氏名や所属部署は公表していない。


市によると、係長と女性は8月に県外に出張し、同じ宿泊施設に泊まった。係長は午後10時半ごろ、女性を自分の部屋に呼び、腕を引っ張って「朝まで一緒に寝よう」と誘った。女性は断り、自分の部屋に戻ったが、係長は女性の部屋の前で再び誘った。女性はドアを開けなかった。

女性が同月、上司に相談して発覚。係長は事実関係を認め「もっと仲良くなりたかった。(女性に)大変大きな苦痛を与えた」と話しているという。市は10月7日の懲戒処分審査委員会で処分内容を決めた。

岡田昭雄市長は2日の記者会見で「市民の信頼を大きく失墜させた」と陳謝した。市長が給料10%、山本高明副市長が5%を、来年1月から1カ月間減額する関連条例改正案を市議会12月定例会に提出する。担当の部長と課長を厳重注意とした。市は12月、全職員を対象にセクハラとパワハラ防止の研修を行う。
よっぽど魅力的な女性だったんだろうなぁ。
これほど迫るとは。
まー酒とか飲んでいなく、乱暴されなかったから、まだ良かったのかもしれない。
酒とか飲んでたらどうなった事か。
不幸中の幸いでしたね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報