2016年11月10日木曜日

前秩父署長斎藤保警視がパワハラ=部下自殺との因果関係認定-遺族に謝罪、懲戒処分・埼玉県警






 2016/10/21-20:33 時事通信
埼玉県警は21日、7月に自殺した県警秩父署の元地域課長の男性=当時(52)=にパワハラ行為を繰り返したとして、同署の前署長斎藤保警視(56)=警務部付=を戒告の懲戒処分とした。県警はパワハラと自殺の因果関係を認め、同日までに男性の遺族に謝罪。斎藤警視は同日付で依願退職した。
県警は、前副署長の男性警視(58)についても、元課長の業務実態を十分に把握していなかったとして、本部長注意とした。

元課長は7月10日、自宅で首をつっているのを帰宅した妻に発見された。残された遺書には、仕事の悩みなどが書かれていた。
県警によると、秩父署長だった斎藤警視は3月下旬~7月上旬ごろの間、元課長を大声で感情的に叱責したり、決裁を拒否したりするなどして、元課長に精神的苦痛を与えた。

叱責する場合は、大声で感情的になりやすい物だけれど、絶対にやっちゃ駄目なんだよね。
逆に冷静に言わないとね。
叱責されている方も、ほとんど頭に入らない。
早くこの場をやり過ごしたいってなるだけなんだよな。
もうそろそろこういうのは通用しない時代なんだが、まだ判ってない人が多い様だね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋








0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報