2016年11月17日木曜日

「パワハラ」長崎市を提訴 職員が800万円賠償請求 [長崎県]






2016年11月17日 00時35分 西日本新聞
長崎市役所の40代男性職員が、うつ病を患ったのは上司や同僚から嫌がらせを受けていたにもかかわらず、市が男性を保護する義務を怠ったためだとして、市に慰謝料など約800万円の賠償を求め長崎地裁に提訴したことが16日、分かった。提訴は10月28日付。

 
 
訴状などによると、男性職員は都市計画課管理係の上司から2013年4月ごろから、作成した文書を目の前で破られたり「思考能力を欠いている」などと言われたりするパワハラを受け続けた。同僚からは、深夜に電話で「ばかにすんな。ふざくんな」などと言われ、精神的苦痛を受けた。男性職員は同年12月、うつ病と診断され、通院と一時休職を余儀なくされたという。

 原告の代理人は「パワハラ行為を認識していたはずなのに市は配置換えをするなどの措置を怠った」と主張。市人事課は「訴状の内容について調査し、対応を考えたい」としている。

どちらかというと、民間を指導すべき立場の役所がこれだからな~~。
なかなか昔からの習慣は消えないのかもしれないね。
でもさすがにこういうのは無くして行かないとと言うか、上司の認識問題でもあるんだけどね。
でも、こういう指導の仕方しても、結局こうなっちゃうから効果が無いんだよね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報