2016年11月19日土曜日

大月佳代子歯科医師 パワハラ、診察拒みで懲戒免職 樫本温(さとし)院長(61)は解職 富士吉田市 /山梨






毎日新聞2016年11月17日
富士吉田市は16日、職場でのパワハラや患者の診療を拒んだなどとして市立病院歯科口腔外科主任の大月佳代子歯科医師(58)を懲戒免職にしたと発表した。また市立病院の樫本温(さとし)院長(61)を減給10分の1(6カ月)とした上で院長を解職した。また副院長と事務長を口頭による厳重注意処分とした。樫本氏、大月氏はいずれも「事実無根」と否定し、市公平委員会に処分を取り消すよう申し立てる方針。


大月佳代子歯科医師

市によると、大月氏は2013年1月から同病院で診療。看護師や事務職員らに対し高圧的言動や無視・冷たい態度などのパワーハラスメントを行ったという。また富士吉田歯科医師会所属の一部歯科医院からの紹介患者を診療せず差別したとしている。市によると「紹介状に不備がある」などを理由に患者の診察をしなかったケースが複数あるという。

また、樫本氏については「大月医師を院長として指導せず、適正な院内管理を怠った」としている。

堀内茂市長は記者会見で「市民や利用者に心配をかけ申し訳ない」と陳謝。自らの任命責任として市長給与を減給10分の1(2カ月)とする意向を示した。
状況証拠や周りの証言だけじゃ、こういうの絶対的な証拠より証拠能力が薄い様な気がするんだけど、それでもこういう処分が下るんだね。
だから、反論として事実無根ってのが出てきちゃうと思うんだけどさ。
やっぱりこういうのは証拠を残して、確実に追い詰めないと時間の無駄になっちゃうね。
証拠さえあれば、損害賠償も請求できるだろうしね。
セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報