2016年12月12日月曜日

山陰放送執行役員、セクハラとパワハラ… 50代男性、諭旨退職処分






2016.12.8 21:01 産経新聞
鳥取県米子市の山陰放送は8日、社員らにセクハラやパワハラなどを行ったとして、50代の男性執行役員を諭旨退職の懲戒処分(5日付)にしたと発表した。

 
 
同社によると、この元執行役員は数年前から、社内で複数の男女社員らに暴言を吐くなどのパワハラや、女性社員らの体を触るなどのセクハラをしていたとしている。

 今年9月末、文書による内部通報で発覚。調査の過程で、業務と関わりのない知人らとの飲食費の不正処理も浮上して処分した。

 元執行役員は、パワハラについて「業務上の指導のつもりだった」、セクハラは「本人がセクハラと感じているのなら申し訳ない」と話しているという。

 同社は「社員の模範的立場の執行役員がハラスメント、不正経理処理を行ったことは誠に遺憾。ハラスメント研修を強化し、再発防止に努めたい」としている。

執行役員なら何でもありなんか!!!っていうくらい、なんでもやってますね。
こんな人でも執行役員になれるんだから凄い会社だ。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報