2016年12月15日木曜日

富山県警の警視と警部、セクハラで減給・停職処分






2016年12月15日 00:47 北日本新聞
県警は14日までに、女性職員にセクハラ行為をしたとして男性警部を停職6カ月、男性警視を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にした。
 
画像はイメージです
富山県警監察官室によると、警視と警部はそれぞれ女性職員の体を触るなどした。警部はセクハラ行為のほか、別の女性と不適切な交際をしていた。不適切な交際も処分理由に含まれる。2人はセクハラ行為などを認め、「不快な思いをさせ申し訳ない」と話しているという。処分は警部が11月24日付、警視が12月2日付。

 県警は「職員を指導すべき立場にある幹部職員がセクハラ事案を起こしたことは誠に遺憾であり、再発防止に向けた指導を徹底する」としている。被害者保護の観点から警部、警視の所属部署、年齢などは明らかにしていない。
警部と警視。
幹部がこれだもんな~~。
幹部がこれだから、部下にするなと言っても無理筋だよね。
しかも公表しないでしょ。
こういうのは名前を公開した方が良いと思うんだけどね。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋









0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報