2017年2月2日木曜日

生活保護受給者の40代女性にセクハラ 山形市の男性係長






2017.2.1 21:12 サンスポ
山形市は1日、生活保護を担当する生活福祉課の40代男性係長が、受給者の40代女性に抱きつくなどのセクハラ行為をしたと明らかにした。係長は「同意があると思った。励ましたかった」と話しているという。市は事実関係の調査を進め、処分を検討する。

 
画像はイメージです
市によると、係長は生活保護のケースワーカーを指導する査察指導員。数年前、女性が生活保護の受給を申請した時にはケースワーカーとして対応していた。

 今年に入ってフェイスブックで連絡を取るようになり、1月27日夜、2人で居酒屋に行った際、女性に抱きついた。周囲に客がいる中で、生活保護を話題にする不適切な発言もあったという。

 飲食後、女性から「訴えてやる」とのメッセージがあり、係長が同30日、上司に「トラブルになった」と報告したことから発覚した。

 記者会見した斎藤順治副市長は「大変遺憾で申し訳ない」と謝罪した。
係長のさじ加減で、どうにでもなるから、パワハラもあるよね。
まァこの係長に泣かされた人は多いのかもしれないね。
余罪が相当あるかもよ。

セクハラは証拠を撮影して、訴えよう!!
セクハラの証拠撮影に最適なアイテム。
女性も簡単に撮影できるのが魅力!!
【小型カメラ】ペン型ビデオカメラ(匠ブランド)『Jounalist-2.3K』(ジャーナリスト2.3K)
¥30,650(税込)
■2.3Kサイズ対応のペン(スティック)型カメラフルHD超えの2.3K(2304×1296px)録画に対応。2.3Kから720pまで3つのサイズが選択できます。■動体検知録画が復活!ジャーナリストシリーズでは久々の動体検知録画モード付きモデル。ペン立てなどに挿…
拡大画像を見る
【小型カメラ】ペン型ビデオカメラ(匠ブランド)『Jounalist-2.3K』(ジャーナリスト2.3K)【小型カメラ】ペン型ビデオカメラ(匠ブランド)『Jounalist-2.3K』(ジャーナリスト2.3K)をカートに入れる


セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報