2017年2月5日日曜日

「この野郎」叱責 女性へのパワハラ認め加野青果に賠償命令 加野青果いじめ自殺訴訟 名古屋






2017.1.27 18:43 産経
名古屋市の青果仲卸会社の女性社員=当時(21)=が平成24年に自殺したのは、先輩社員からのいじめでうつ病を発症したことが原因として、女性の両親が同社などに約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(加島滋人裁判長)は27日、女性へのパワハラ行為を認め、会社に賠償を命じた。うつ病の発症や自殺との因果関係は認めなかった。
 
 
訴状によると、女性は21年に同市の仲卸会社「加野青果」に入社。23年末ごろにうつ状態となり、翌24年6月に自殺した。社内で先輩社員の女性2人から無視されたり、「この野郎」などと威圧的な言葉でミスを叱責されたりするパワハラがあったとしている。

 原告側は、会社がいじめを防ぐことなく、女性のうつ病を悪化させたと訴えている。

 名古屋南労働基準監督署は25年12月、業務とうつ病の発症や自殺との間には因果関係があるとして労災認定した。

詳しい記事を読む


パワハラとうつ病などの発症を関係つけると言うのは難しいのかな。
労働基準監督署が因果関係があると認めても、裁判では覆るのか。
この辺の判断基準ってどうなんだろうね。
労働基準監督署が認めれば裁判でも認めていいのじゃないかなぁ。
労働基準監督署の認定を不服とする裁判であれば、これでもいいのかもしれないけどさ。


セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋








0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報