2017年4月28日金曜日

パワハラ女性自殺、遺族がトマト生産の農園「池一菜果園」を提訴






2017.4.27 18:40 産経新聞
高知県土佐市でトマトの生産などを行う「池一菜果園」に勤めていた同市の女性=当時(59)=が自殺したのは上司のパワハラや長時間労働を強いられたことが原因として、遺族が27日、同園と社長ら2人に約4650万円の損害賠償を求め、高知地裁に提訴した。

 
 
訴状や遺族側の弁護士によると、女性は平成16年に入社。自殺する直前は生産管理などを担当する統括部長を務めていた。

 21年11~12月にかけて時間外労働が月100時間を超えたり、22年2月、休暇の申請をしようとした際、常務取締役だった女性に、複数回にわたり理不尽な理由でしかられたりするパワハラなどを受けた直後、自殺した。

 須崎労働基準監督署は24年11月、女性の自殺と上司の嫌がらせや長時間労働との間には因果関係があるとして、労災認定した。

 遺族は提訴後、高知県庁で記者会見し「会社には誠実な謝罪を求めたい」と話した。

 池一菜果園は「訴状をまだ確認していないため、コメントできない」としている。

命の値段が4650万円か。

セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋











0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報