2017年8月12日土曜日

パワハラか消防士児玉淳さん自殺 遺族、組合を提訴

2017年08月04日金曜日 河北新報
宮城県塩釜市の塩釜地区消防事務組合(管理者・佐藤昭市長)に消防士として勤務していた同市の児玉淳さん=当時(23)=が自殺したのは、上司のパワハラが原因だとして、児玉さんの両親が3日、同組合に9000万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 訴えによると、児玉さんは2010年4月に採用され、12年4月に宮城県利府町の利府消防署に配属された。消火活動のほか、防火管理調査や火災の予防啓発活動、統計事務を担当していた。
 13年7月にうつ病の診断を受けて休職し、3カ月後に自宅で首をつり自殺した。自宅にはパワハラの実態を告白したビデオと、両親に向けて「組合を訴えてほしい」と記した遺書が残されていた。
 地方公務員災害補償基金県支部は、上司のパワハラと過重労働による精神的負担でうつ病を発症したことが自殺の原因になったと判断し、16年10月に公務災害と認定した。
続きを読む
ビデオに撮っていたのであれば、なぜ自殺をと思ってしまうがそこまで追い詰められていたのだろうな。
御両親はものすごく悔しいだろう。
徹底的に解明して欲しいが、命を扱う仕事なので、訓練をおろそかにはしないでほしい。
その辺上司や指導者が、パワハラと訓練の違いを理解して指導にあたってほしいですね。







セクハラ・パワハラ 証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋







0 件のコメント:

コメントを投稿

相談窓口


公益通報保護者制度

hokennjo

パワハラ相談窓口
パワハラ

セクハラ相談窓口
HIV

DV相談窓口
DV相談窓口

マタハラ相談窓口
マタハラ相談窓口

労基

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express

警報!!最新詐欺情報